このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000029934
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼浦-2001-075
事例作成日
(Creation date)
2001/12/21登録日時
(Registration date)
2006年08月09日 02時11分更新日時
(Last update)
2009年01月29日 16時49分
質問
(Question)
1951年に発表された以下の論文を探している。「精子における受精能確得(Capacitation)という現象について」。著者はオースティン(Austin)とチャン(Chaing)の共著か。 この主題についての論文はこの年に1つしかない。邦訳されたかどうかは不明。
回答
(Answer)
共著ではなく別々の論文と思われる。論題・掲載誌等は以下の通り。
①「THE CAPACITATION OF THE MAMMALIAN SPERM」 AUSTIN CR:NATURE 170(4321) 326-326 1952
②「FERTILIZING CAPACITY OF SPERMATOZOA DEPOSITED INTO THE FALLOPIAN TUBES」 CHANG MC:NATURE 168(4277) 697-698 1951
回答プロセス
(Answering process)
《NDL-OPAC》を検索すると、オースティンの著書は2点ある。そのうち所蔵の『ヒューマン・セクシュアリティ』および『雑誌記事索引 自然科学編』(1961)を調べるが、該当なし。また、《MAGAZINEPLUS》にも該当なし。
《Google》を〈Austin & Chang & Capacitation〉で検索すると、《Frontiers in Bioscience》(英文サイト)収載のある論文の参考文献の中に該当すると思われる文献あり。Ausitin(1952年)とChang(1951年)が別々に発表した論文で「Nature」の170・168号に掲載されている。該当誌所蔵の国会図を紹介する。

追記:Austinの論文は1952年発表。
《PubMed》等の論文検索サイトで検索するが、1951年に発表されたAustinの論文で、論題に「Capaciation」または「Capacity」の語が使われているものは見あたらない。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/entrez/query.fcgi  米国国立医学図書館 2006/07/12最終確認) 
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
一般動物学  (481 9版)
知識.学問.学術  (002 9版)
参考資料
(Reference materials)
「Nature 170、168」(国会図蔵)
キーワード
(Keywords)
受精
論文-学術
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000029934解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
おすすめデータ