このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000257056
提供館
(Library)
山口県立山口図書館 (2110020)管理番号
(Control number)
0000110777
事例作成日
(Creation date)
2019年02月25日登録日時
(Registration date)
2019年06月06日 19時03分更新日時
(Last update)
2019年06月13日 13時03分
質問
(Question)
「AIが導入されると世の中が便利になっていくといわれているが、果たしてそうなのか」というテーマで、参考となる資料を紹介してほしい。
回答
(Answer)
AI(人工知能)の進化・普及によって社会(政治、経済、生活)に及ぼされる影響について論じた資料(調査時点で当館所蔵のもの)として、下記資料1~11を紹介。それぞれの資料の概要は以下のとおり。

資料1・2は、法学の観点からAIの普及が社会秩序にどう関わってくるかを予測したもの。個人の権利から教育、ビジネスまで幅広い分野が言及されている。
資料3は、AIの特徴を分析する形で、このさき、人工知能が人間社会に浸透するために必要なことを考察したもの。
資料4は、特に後半部で、AI普及の将来的な影響について論じている。文章が平易。
資料5は、経済学の視点から、主に労働について労働力としてのAIの影響を検討している。文章が平易。
資料6は、コンピュータ技術の歴史を振り返ったのち、未来を予測するという形で消費生活、交通、安全などの分野を考察したもの。文章が平易。
資料7は、AIと人間の違いは何か、というテーマを一貫して論じたもの。将来的なAIの発達による労働への影響に言及した箇所あり。
資料8は、AI技術による変革により、日本、ひいては世界の産業の勢力図・雇用状況に影響が及ぼされると予測している。
資料9は、2019年の論点の一つとして、AI・IoT(Internet of Things、物理的なモノがネットワークを通じて大規模に連動すること(資料10p4)。)を用いて変化する企業経営について紹介。
資料10・11は、総務省が毎年出している、情報技術についてまとめた公的な白書。資料10は、AIを含む情報通信技術の特集が組まれており、活用した政策や、生産、防災などのほか、雇用への影響を分析。資料11は、調査時点での最新版で、同じくAI・IoTによる仕事の変化についての章がある。なお、これらの資料はインターネット上に公開されている。

関係情報:情報通信白書(総務省)2019年6月6日最終確認
http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/
回答プロセス
(Answering process)
自館蔵書検索にて、件名や全文で「人工知能」「AI」「Artificial Intelligence」などのキーワードで検索、ヒットした資料のうち、刊行年が比較的新しく、内容が質問と合致しているものを提示
事前調査事項
(Preliminary research)
『AI vs.教科書が読めない子どもたち』(新井紀子 著 東洋経済新報社 2018.2)は確認済み。
NDC
情報学.情報科学  (007 9版)
参考資料
(Reference materials)
1.山本龍彦 編著 , 山本, 龍彦. AIと憲法 = Artificial Intelligence and the Constitution of Japan. 日本経済新聞出版社, 2018.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I029153490-00 , ISBN 9784532134853
2.福岡真之介 編著 , 福岡, 真之介. AIの法律と論点. 商事法務, 2018.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I028877975-00 , ISBN 9784785726102 (p348-410「AIと倫理」ほか)
3.AIX 監修 , 栗原聡, 長井隆行, 小泉憲裕, 内海彰, 坂本真樹, 久野美和子 共著 , 栗原, 聡, 1965- , 長井, 隆行 , 小泉, 憲裕 , 人工知能先端研究センター. 人工知能と社会 : 2025年の未来予想. オーム社, 2018.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I028797302-00 , ISBN 9784274221811
4.ジェリー・カプラン 著 , 安原和見 訳 , Kaplan, Jerry, 1952- , 安原, 和見, 1960-. 人間さまお断り : 人工知能時代の経済と労働の手引き. 三省堂, 2016.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I027513943-00 , ISBN 9784385360591 (p152-236「どんな仕事も自動化できる」ほか)
5.井上智洋 著 , 井上, 智洋. 人工知能と経済の未来 : 2030年雇用大崩壊. 文藝春秋, 2016. (文春新書 ; 1091)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I027474565-00 , ISBN 9784166610914
6.児玉哲彦 著 , 児玉, 哲彦, 1980-. 人工知能は私たちを滅ぼすのか = WILL AI DESTROY US? : 計算機が神になる100年の物語. ダイヤモンド社, 2016.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I027161215-00 , ISBN 9784478068090 (p205-「IoTと人工知能がもたらす2030年の社会」ほか)
7.マレー・シャナハン 著 , ドミニク・チェン 監訳 , ヨーズン・チェン, パトリック・チェン 訳 , Shanahan, Murray , Chen, Dominick, 1981- , Chen, Yo-Yung, 1947- , Chen, Patrick, 1973-. シンギュラリティ : 人工知能から超知能へ. NTT出版, 2016.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I027041955-00 , ISBN 9784757103627 (p165-241「AIが及ぼすインパクト」「天国か地獄か」)
8.小林雅一 著 , 小林, 雅一, 1963-. AIの衝撃 : 人工知能は人類の敵か. 講談社, 2015. (講談社現代新書 ; 2307)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I026234500-00 , ISBN 9784062883078 (p136-183「日本の全企業がグーグルに支配される日」、p216-222「第四次産業革命は雇用を奪うのか」)
9.日本経済新聞社 編 , 日本経済新聞社. 日経大予測 = THE FUTURE OF 《JAPAN》 AND THE WORLD 2019. 日本経済新聞出版社, 2018.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I029280379-00 , ISBN 9784532219284 (p179-191「論点13/AIで変わる経営、「結果からの逆算」に見える活路」)
10.総務省 編 , 総務省. 情報通信白書 平成28年版. 日経印刷, 2016.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I071356082-00 , ISBN 4865790608 (p226-272「ICTの進化と未来の仕事」)
11.総務省/編. 情報通信白書 : ICT白書 2018. 日経印刷, 2018-07.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I083118099-00 , ISBN 9784865791211 (p192-201「ICTの進化によるこれからのしごと」)
キーワード
(Keywords)
人工知能
AI
Artificial Intelligence
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000257056解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!