このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000249529
提供館
(Library)
宮城県白石高等学校図書館 (5100010)管理番号
(Control number)
宮城県白石高-2018-28
事例作成日
(Creation date)
2016年12月24日登録日時
(Registration date)
2018年12月28日 14時28分更新日時
(Last update)
2018年12月28日 14時28分
質問
(Question)
歌舞伎を見てきました。途中でかかるかけ声みたいなものは誰がかけても良いのでしょうか?教えてください。
回答
(Answer)
恐らくタイミングとかもあるので,誰でもかけることはできないでしょう。また,ハッキリ決まってはいないようですが,それなりに決まりがあるようです。そのことについて記述がある資料をいくつか用意したのでご覧ください。
回答プロセス
(Answering process)
調査資料1には,p110-112に「勝手に声を掛けていいのか」という項があり,声を掛けている人たちの多くが「大向うの会」に入っている人であることや三階に居ながら役者が出てくる瞬間を逃さぬために揚幕が開くタイミングで声を掛けていることなどが詳しく書かれています。

調査資料2には,p24-25に「かけ声のみなもと」という項があり,屋号を叫ぶ理由について書かれています。
事前調査事項
(Preliminary research)
「○○屋!」というものでした。上の方の席から聞こえてきました。
NDC
歌舞伎  (774 10版)
参考資料
(Reference materials)
調査資料1 歌舞伎一年生 チケットの買い方から観劇心得まで ちくまプリマー新書261 中川右介 筑摩書房 2016
調査資料2 歌舞伎の雑学 小山観翁 グラフ社 1983
キーワード
(Keywords)
贔屓筋
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
西洋には「ブラボー!」と声を掛ける文化があったりするのと同様,この国にも掛け声の文化はあるが,ちょっと緊張するもののようである。
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
高校生
登録番号
(Registration number)
1000249529解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!