このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000246088
提供館
(Library)
埼玉県高等学校図書館研究会 (5100023)管理番号
(Control number)
埼高図-2018-003
事例作成日
(Creation date)
2018/5/1登録日時
(Registration date)
2018年11月20日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年11月20日 00時30分
質問
(Question)
小さい頃に読んだ絵本を探している。お兄ちゃんがはしかにかかり、弟が窓から覗く場面がある。怖い印象が残っている。
回答
(Answer)
『わたしが妹だったとき』(佐野洋子著、偕成社、1982年) 著者が兄と過ごした日々を綴った短編集。 妹がはしかにかかる。その時に羨ましがっていた兄がやがて入院し、妹が窓から様子を覗いている挿絵がある。
回答プロセス
(Answering process)
きょうだいで病気の話ということで、まず、思い浮かんだのは下の2点。 『わがままいもうと』(ねじめ正一文、村上康成絵、2005年) 『ぼくのかわいくないいもうと』(浜田桂子作、2005年) どちらも弟ではなく怖くもない(ほのぼの系)ものの、念のため質問者に内容を説明して確認したが、やはり違うとのこと。 質問者にさらに聞き取り。 弟ではなく妹だったかもしれない、サイズはわからないが横長本ではないか、表紙はオレンジ色だった気がする、との追加情報を得る。 また、質問者の年齢から推測し、2008年頃までには刊行されていると思われる。 質問者の記憶違いがある可能性も考えに入れ、webサイト『絵本ナビ』で、はしか/お兄ちゃん(おにいちゃん)/兄/きょうだい(兄弟、兄妹)/風邪/病気(びょうき)、等を組み合わせてキーワード検索。 『おにいちゃんが病気になったその日から』(佐川奈津子文、黒井健絵、小学館、2001年)という本があがってきたので別途情報検索すると、挿絵は異なるものの内容がPDF公開されていたため、質問者に見てもらった。しかし探しているものとは違った。 市図書館内の学校図書館支援センターにレファレンス依頼。同時に、市高校司書や市図書館の元児童書担当者に情報を求めた。 集まった情報の中から、質問者の探している本ではないと確実に判断できるものを除き、現物を取り寄せて質問者に確認してもらったところ、探していた本が判明した。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
漫画.挿絵.児童画  (726 9版)
参考資料
(Reference materials)
絵本ナビ  https://www.ehonnavi.net/ (2018年1月15日確認) 『おにいちゃんが病気になったその日から』PDF公開ファイル  http://www.nursing.med.tohoku.ac.jp/education/student/class/files/siblings.pdf (2018年5月1日最終確認)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
実際の本はやや縦長で表紙はピンク色だった。
調査種別
(Type of search)
その他
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
高校1年生
登録番号
(Registration number)
1000246088解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!