このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000201625
提供館
(Library)
ポーラ化粧文化情報センター (4310007)管理番号
(Control number)
POLA-2016-036
事例作成日
(Creation date)
2011年03月08日登録日時
(Registration date)
2016年12月12日 16時25分更新日時
(Last update)
2016年12月12日 19時19分
質問
(Question)
絵画作品を参考にした現代メークは過去にあったのか
回答
(Answer)
絵画など美術作品をヒントにした化粧法の提案については、過去5年ほどの新聞記事から探せず
昭和初期や戦後など、海外の映画女優をお手本としたメークなどが行われた時期もあった
直接のヒントや発想源に限定しなければ、白い肌にピンク色の頬紅を円く頬にのせる、髪の毛を大きく結う(いわゆる盛り髪)などはロココ絵画の化粧、眉を剃って形づくる眉剃りなどは、江戸時代の浮世絵といったような共通点はみつかるかもしれない
ルノワールの裸婦の肌色を御社が分光反射器で調査・分析した結果、現代のベースメイクで用いられるような青と赤が下塗りされていることについて発表したリリースについては、この内容を取りあげた新聞記事を紹介
回答プロセス
(Answering process)
新聞記事クリッピングファイルを確認、化粧品メーカーのウェブサイトなども確認するが該当するような商品は不明
事前調査事項
(Preliminary research)
インターネットでルノワール≪裸婦≫の肌色を演出に赤と青の絵の具が使われていることや、フェルメール≪真珠の耳飾りの少女≫のみずみずしく輝く表情にヒントを得てポーラの「ミュゼル」というメークシリーズが開発されたことを知った
NDC
理容.美容  (595 9版)
絵画  (720 9版)
参考資料
(Reference materials)
“メークの魔術師”ルノワール 透明感高める重ね塗り. 毎日新聞 , 2006年5月2日(夕刊)[掲載頁不明]
ルノワールの「肌」に現代のメーク手法 赤と青で「裸婦」に透明感. 読売新聞 , 2006年7月14日 [掲載頁不明]
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
芸術とメークアップの融合秋の新製品・新色を「MUSELLEミュゼル」より発売(2009/5/26)
http://www.pola.co.jp/company/home/back/2009/po21r024.pdf
色を重ねて透明感を生む「ミュゼル」~ルミエール コレクション~発売(2009/11/25)
http://www.pola.co.jp/company/home/back/2009/po21r071.pdf
ミュゼル シルキーブリリアントアイカラー(2010/10/24)
http://www.pola.co.jp/company/home/back/2010/po22r065.pdf
~美人を作り出す赤い光~イゲタ型ファイバー粉体で肌のトラブルを隠します(2005/7/14)
http://www.pola.co.jp/company/home/back/17r067.pdf
マゼンタファイバー粉体を開発~赤と青、2 つの色のダブル効果で、肌の透明感を演出~(2006/1/26)
http://www.pola.co.jp/company/home/back/2006/18r010.pdf
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
一般利用者メール問い合わせ
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
学生
登録番号
(Registration number)
1000201625解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!