このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000150270
提供館
(Library)
立命館大学図書館 (3310012)管理番号
(Control number)
K14-001
事例作成日
(Creation date)
2014年2月19日登録日時
(Registration date)
2014年03月06日 12時39分更新日時
(Last update)
2014年07月10日 17時15分
質問
(Question)
所得と生活満足度の相関関係がわかるデータがほしい。
1975年~1985年(昭和50年~昭和60年)のものを希望。
回答
(Answer)
経済企画庁国民生活局国民生活調査課 編. 『国民生活選好度調査』 【資料1】 
・ 第3回. 昭和55年3月. (当館請求記号 365, 当館資料番号 00150093391)
  →昭和53年に調査実施。
    p.142 第Ⅵ章 生活満足度の分析構造
         2. 社会的地位諸変数との関連
          「表Ⅵ-4 収入満足-不満足」に年収別満足度の記載あり。
    p.341 参考資料
         4. 社会的属性と満足度、幸福感
          「Q 11 幸福度-世帯収入」に年収別満足度(5段階)の記載あり。 

・ 第4回.昭和59年3月.(当館請求記号 365, 当館資料番号 00150191390)
  →昭和56年に調査実施。
    p.262 第13章 幸福の構造分析
         (6) 幸福感・幸福感情の社会的分布
          「図13-6-5 世帯収入と幸福感」、「図13-6-6 世帯収入と幸福感情」に年収別満足度の記載あり。

・ 昭和59年度. 昭和60年12月. (当館請求記号 365, 当館資料番号 0015091390)
  →昭和59年に調査実施。3回周期の1年目に相当する。
    p.275 Ⅱ.分析編
         第5章 その他の分析
          2. 生活満足度の変化
           「表Ⅱ-5-8 生活満足度の属性別変化」に年収別満足度(5段階)の記載あり。
    p.281   4. 幸福感の変化
           「表Ⅱ-5-10 幸福感の属性別変化」に年収別幸福度(5段階)の記載あり。


・ 長寿社会へ向けての生活選択(昭和60年度). 昭和61年3月. (当館請求記号 365, 当館資料番号 00150196106)
  →昭和60年に調査実施。3回周期の2年目に相当する。
    p.5  第2章 調査結果の概要
         1. 満足感
          「第1図 生活全般の満足度」に年収別(4段階)の記載あり。

--------------
※昭和59年度、昭和59年度の調査日、掲載ページおよび昭和60年度については回答後の調査で判明した。
回答プロセス
(Answering process)
利用者に聞き取りを行ったところ、「先輩が『日本人の生活意識』 【資料2】 を使って論文を書いた。自身も同じテーマのデータを探している。【資料2】のデータは1970年~1973年なので、それ以降の1975年~1985年のデータがほしい」とのこと。

1. 【資料2】が当館に所蔵されていたので、利用者と共に資料内容を確認した。
P.182に「世帯収入とくらしむきの満足感」という表があり、収入別に満足/不満足の統計が出ていた。これと同様の統計を探しているとのことだった。
資料のはしがきによると、【資料2】を編集した国民生活研究所が独自に調査したようだった。

2. 国民生活研究所は1970年に国民生活センターに変わっており、ホームページ 【資料3】 を確認したが、探している統計資料に該当するものは見当たらなかった。

3. 検索エンジン(Google)で「生活 満足度」を検索すると、内閣府の「国民生活に関する世論調査」【資料4】がヒットした。
「生活に関する満足度」の項に、所得・収入に関するグラフがあったが、年齢別のデータのみだった。

4. 次に、内閣府の「平成19年版国民生活白書(全文HTML)」の序文 【資料5】 がヒットした。
そこに探しているデータではないが、生活満足度のグラフがあり、備考に「内閣府『国民生活選好度調査』により作成」とあった。

5. 「国民生活選好度調査」をインターネットで調べると、内閣府ホームページ 【資料6】 に近年の調査結果が公開されていた。
サイト内検索で「国民生活選好度調査 収入別 満足度」を検索実行すると、「平成7年度生活選好度調査」 【資料7】 がヒットした。調査結果の概要の第1章1. 生活全般の満足度に「(第1-3図)世帯全体の年間収入が増えるほど生活満足度は上昇」という所得別の満足度を表したグラフが載っていた。

6. 利用者が求めているのは1975年~1985年(昭和50年~昭和60年)である。
当館OPACで「国民生活選好度調査」を検索すると、衣笠図書館書庫に所蔵があった。
書架に配架されている資料のうち1975年~1985年に該当するものは下記の3冊だった【資料1】。
 ・ 第3回(昭和55年3月) ・・・ 1978年度(昭和53年度)に調査実施
 ・ 第4回(昭和59年3月) ・・・ 1981年度(昭和56年度)に調査実施
 ・ 昭和59年度(昭和60年12月) ・・・
第3回の内容を確認すると、p.142の「表Ⅵ-4 収入満足-不満足」に年収別の満足度が載っていたので利用者に紹介した。

--------------
後日確認したところ、巻末に参考資料として統計結果がまとめられており、年度によってはその中に収入別満足度も含まれていた。

(参考;回答後に確認)
国民生活選好度調査は、下記の通り行われた。
昭和59年度からは3年周期で毎年実施されており、平成7年以降の調査結果は内閣府ホームページで公開されている【資料8】。

昭和46年 予備調査(対象地域が全国ではない)
昭和47年 第1回 国民生活選好度調査
昭和50年 第2回 国民生活選好度調査
昭和51年 ライフサイクルとくらしの質調査
昭和53年 第3回 国民生活選好度調査
昭和56年 第4回 国民生活選好度調査
昭和59年 第5回 国民生活選好度調査
事前調査事項
(Preliminary research)
国民生活研究所 編. 『日本人の生活意識』. 至誠堂, 1970-1973.
NDC
生活.消費者問題  (365 8版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】 経済企画庁国民生活局国民生活調査課 編 『国民生活選好度調査』
 ・ 第3回(昭和55年3月). 1980. (当館請求記号 365, 当館資料番号 0015093391)
 ・ 昭和59年度. 1984-1984. (当館請求記号 365, 当館資料番号 00150191390)
 ・ 昭和60年度. 1985-1985. (当館請求記号 365, 当館資料番号 00150196106)
 ・ 長寿社会へ向けての生活選択(昭和60年度). 昭和61年3月. (当館請求記号 365, 当館資料番号 00150196106)
【資料2】 国民生活研究所 編 『日本人の生活意識』 至誠堂, 1970-1973. (当館請求記号 365.5/KO 48, 当館資料番号 05110032221)
【資料3】 独立行政法人 国民生活センター.
http://www.kokusen.go.jp/ (2014年3月7日最終確認)
【資料4】 内閣府大臣官房政府広報室. 国民生活に関する世論調査.
http://www8.cao.go.jp/survey/h17/h17-life/ (2014年3月7日最終確認)
【資5】 内閣府. 「平成19年版国民生活白書(全文)」 はじめに.
http://www5.cao.go.jp/seikatsu/whitepaper/h19/01_honpen/html/07sh000101.html (2014年3月7日最終確認)
【資料6】 内閣府ホームページ.
http://www.cao.go.jp/ (2014年3月7日最終確認)
【資料7】 内閣府経済企画庁 国民生活局. 「平成7年度 国民生活選好度調査 -豊かな社会の国民意識- (要旨)」 平成8年2月22日.
http://www5.cao.go.jp/seikatsu/senkoudo/j-j/doc/senkoudo-j-j.html (2014年3月7日最終確認)
【資料8】内閣府ホームページ 国民生活選好度調査
http://www5.cao.go.jp/seikatsu/senkoudo/senkoudo.html (2014年3月7日最終確認)
キーワード
(Keywords)
所得
生活
満足度
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
学生
登録番号
(Registration number)
1000150270解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!