このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000049461
提供館
(Library)
都留文科大学附属図書館 (3210006)管理番号
(Control number)
都留大-0002
事例作成日
(Creation date)
2008年12月02日登録日時
(Registration date)
2008年12月03日 10時25分更新日時
(Last update)
2008年12月03日 10時25分
質問
(Question)
江川太郎左衛門(えがわたろうざえもん)が天保10年に都留(谷村)を治めていたか?
回答
(Answer)
 『江戸幕府代官履歴辞典』西沢淳男編 岩田書院 p99 に江川太郎左衛門英龍 が天保9~11年迄甲斐谷村預 との記載あり。
天保10年はこの期間に該当する。
また、『都留市史 通史編』p204にも関連事項の記載あり。
『江川坦庵全集』 戸羽山瀚編著 巌南堂書店 1972 に江川坦庵年譜あり。こちらも確認した。

山梨県立図書館から『山梨県史 通史編4 近世2』 山梨県 2007.3 に「天保騒動」について記載ありとのコメントをいただいた。資料を確認したところ、この中に「江川龍英の動向」「江川英龍の都留郡支配」などが記載されてういた。

回答プロセス
(Answering process)
江川太郎左衛門について『日本近世人名辞典』『國史大辞典』『日本史大事典』など確認。
江川太郎左衛門は伊豆韮山に住む江戸幕府の世襲代官であり、太郎左衛門は江川家歴代当主の通称である。
このため、天保10年(1839年に当主であったのは36代英竜(英龍)である。(字は九淵、坦庵と号した) 
上記事典類には天保9年に甲斐の幕領を所管地として加えたことについては記載はあるが、何年まで治めていたか については記載なし。
『江戸幕府代官履歴辞典』 には天保9~11年迄との記載あり。
『江川坦庵全集』には江川坦庵年譜あり。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
個人伝記  (289 8版)
日本史  (210 8版)
参考資料
(Reference materials)
『江戸幕府代官履歴辞典』 西沢淳男編 岩田書院 2001 

『都留市史 通史編』『都留市史 資料編 近世Ⅱ』 都留市史編纂委員会編 都留市
『江川坦庵全集』 戸羽山瀚編著 巌南堂書店 1972 

『山梨県史 通史編4 近世2』 山梨県編集発行 2007.3
キーワード
(Keywords)
江川太郎左衛門英龍
江川坦庵
江川英龍
代官
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
山梨県立図書館
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000049461解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!