このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000149897
提供館
(Library)
横浜市中央図書館 (2210008)管理番号
(Control number)
横浜市中央2360
事例作成日
(Creation date)
2013/08/13登録日時
(Registration date)
2014年02月27日 00時30分更新日時
(Last update)
2014年03月29日 11時38分
質問
(Question)
日本・世界の年齢別の人口比、平均寿命について最新の数値が知りたい。
回答
(Answer)
1 日本・世界の年齢別の人口比
(1)図書
 ア『世界の統計 2012年版』総務省統計局/編 日本統計協会 2012
 当館ではこれが最新。市内地域館では2013年版所蔵。(当館は寄贈まち)
 p.30~「世界人口・年齢構成の推移(1950~2050年)」

 イ『世界統計白書 2012年版 データで見える世界の動き』
 木本書店・編集部/編 木本書店 2012
 p.25~「世界各国の人口予測と年齢別構成」
 「年齢別構成比(2010年)」では「15歳未満」「60歳以上」の2項目について
 各国のデータが掲載されています。

 ウ『少子高齢社会総合統計年報 2013年版』
 三冬社編集部/編集・制作 三冬社 2012
 p.39~「図表「世界の人口・年齢構成推移(1950~2050年)」」
 10年単位で数値が掲載されています。
 
 エ『日本国勢図会 2013/14年版 日本がわかるデータブック』
 矢野恒太記念会/編 矢野恒太記念会 2013
 p.54「最近の人口(推計人口)(各年10月1日現在」
 年齢別人口(%)が「0~14歳」「15~64歳」「65歳以上」で掲載されています。
 統計の数値は「総務局統計局「人口推計」、同「国勢調査報告」による」とあります。
 p.56「年齢・男女別人口(2012年10月1日現在)」
 5歳単位で数値が掲載されています。
 統計の数値は「総務局統計局「人口推計」による」とあります。

 p.57「年齢構成の国際比較」「各国の年齢階級別人口構成」
 資料より編者が作成したグラフ、人口構成図が掲載されています。

 オ『人口の動向日本と世界 2013 人口統計資料集』
 国立社会保障・人口問題研究所/編 厚生労働統計協会 2013
 p.35~「主要国の年齢(3区分)別人口割合および年齢構造に関する主要指標:最新年次」
 人口割合(%)は「0~14歳」「15~64歳」「65歳以上」で別れています。
 データはUN“Demofraphic Yearbook”2011年版によります。

(2)インターネット
 ア UN Population Division“World Population Prospects: The 2012 Revision”
  http://esa.un.org/unpd/wpp/Excel-Data/population.htm
 “Population by Broad Age Groups - Both Sexes”など
 
 イ 国立社会保障・人口問題研究所のサイト
 「人口統計資料集」
http://www.ipss.go.jp/syoushika/tohkei/Popular/Popular2013.asp?chap=0
 2013年版が最新です。「Ⅱ.年齢別人口」の項目に世界の主要地域の年齢別
 人口が掲載されています。
2 日本・世界の平均寿命
(1)資料
 ア『世界の統計 2012年版』総務省統計局/編 日本統計協会 2012
 p.64~「男女別平均寿命(2009年)」

 イ『少子高齢社会総合統計年報 2013年版』
 三冬社編集部/編集・制作 三冬社 2012
 p.43「図表「世界の男女別平均寿命(2009年)」
 男女別、男女平均の平均寿命が掲載されています。
 出典は(1)の『世界の統計 2012』です。

 ウ『人口の動向日本と世界 2013 人口統計資料集』
 国立社会保障・人口問題研究所/編 厚生労働統計協会 2013
 p.82~「主要先進国の平均寿命:1950~2010年」
 データはUN“ Demofraphic Yearbook”によります。
平均寿命のランキングについても追加で聞かれたので、
 手元にあった資料から次のグラフをご紹介しました。
 エ『図表でみる世界の保健医療 2011年版 OECDインディケータ』
 OECD/編著 明石書店 2012
 p.25「平均寿命、2009年及び1960年以降の獲得年数」
 平均寿命の長い国のグラフがあります。

(2)インターネット
 ア World Health Organicarion(WHO)のサイト
 “Life expectancy: Life expectancy by country”
http://apps.who.int/gho/data/node.main.688
 各国の1990、2000、2011年の男、女、男女の平均寿命が掲載されています。
 データをCSV、EXCEL等の形式でダウンロードできます。

 イ 厚生労働省のサイト
 「平成23年簡易生命表の概況」
  http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/life/life11/
 「3 平均寿命の国際比較」
 「国により作成基礎期間が異なるので厳密な比較は困難である。」とあり
  現在入手している資料を用いて比較した結果が掲載されています。
  各国の作成基礎期間の項目も掲載されています。
 資料は「UN“Demographic yearbook 2009-2010”」とあります。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
人口統計.国勢調査  (358 8版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000149897解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!