このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000139880
提供館
(Library)
横浜市中央図書館 (2210008)管理番号
(Control number)
横浜市中央2241
事例作成日
(Creation date)
2013/05/17登録日時
(Registration date)
2013年11月02日 00時30分更新日時
(Last update)
2013年11月02日 00時30分
質問
(Question)
生涯未婚率の男女のパーセントの差はどこから生じるのか調べたいのですが、
どのような資料がありますか?
回答
(Answer)
1 生涯未婚率のデータが掲載されている下記の資料を確認いたしました。
  男女差についての言及はありませんでした。
  『子ども・子育て白書 平成24年度版』内閣府/編 勝美印刷 2012
   P.40~「未婚化・晩婚化の進行」(第1-2-10図「生涯未婚率の年次推移」) 

2 下記の図書に生涯未婚率の男女差に関する記述がありました。
  『無縁社会の正体』橘木俊詔/著 PHP研究所 2011
   P.31「生涯未婚率が男性と女性で異なる理由」

3 インターネットの情報で関連する記事がありました。
Webサイトの最終閲覧日は全て平成25年9月3日です。
 (1) 「多様性揺るがす「結婚力」格差-「結婚望む人が、結婚できる社会」を!
    ニッセイ基礎研究所 土堤内 昭雄氏」
    http://blogos.com/article/52396/
   生涯未婚率の男女差について記述があります。
 (2) 電子書籍「シングルの住宅事情」
http://books.google.co.jp/books?id=sDZAJPmLHhoC&printsec=frontcover&hl=ja#v=onepage&q&f=false
   「人口動態からみると男性は生涯未婚になりやすい」という項目があります。

4 生涯未婚率の男女差についての直接的な記述はありませんが、
  次の結婚に関する統計・調査類もご参考にしてください。
  初婚と再婚の組み合わせ別のデータや夫妻の年齢差のデータ、
  国籍別婚姻データなど、前述の資料で男女差の原因として
  あげられた実際の数値データを見ることができます。
 (1)『婚姻に関する統計 平成18年度 人口動態統計特殊報告』
   厚生労働省大臣官房統計情報部/編 厚生統計協会 2007
 (2)『わが国独身層の結婚観と家族観 平成22年 出生動向基本調査』
   国立社会保障・人口問題研究所/編 厚生労働統計協会 2012
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
人口統計.国勢調査  (358 8版)
家族問題.男性.女性問題.老人問題  (367 8版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000139880解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!