このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000044747
提供館
(Library)
大阪市立中央図書館 (2210006)管理番号
(Control number)
10-2D-200712-09
事例作成日
(Creation date)
2007/12/13登録日時
(Registration date)
2008年06月12日 02時10分更新日時
(Last update)
2008年12月24日 20時02分
質問
(Question)
子年生まれ(昭和11年生まれと昭和35年生まれ)の人口は何人か? 最新の数字が知りたい。
回答
(Answer)
「人口推計年報 平成18年10月1日現在推計人口」に年齢別の推計人口数あり。
ただし、平成18年10月1日時点の年齢による統計なので、若干誤差があると考えられる。
平成18年時点で、昭和11年生→70歳、昭和35年→46歳。
p.54、55「年齢(各歳)、男女別人口の計算表 総人口、日本人人口」によると、
 70歳→1486299人、46歳→1547316人。
また、毎年、統計局よりその年の干支生まれの人口統計を前年の12月末に出しており、統計局ホームページ上「統計データ」内の「統計トピックス」より確認できる。
それによると、平成20年1月1日現在における子年生まれの人口は、昭和11年生まれ→142万人 昭和35年生まれ→154万人 となる。
以上をもって回答とした。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
人口統計.国勢調査  (358 9版)
参考資料
(Reference materials)
「人口推計年報 平成18年10月1日現在推計人口」 (日本統計協会,2007年 ISBN 978-4-8223-3262-4 当館書誌ID:0011455041)
統計局ホームページ 統計トピックスNo.27 「子(ね)年生まれ」と「新成人」の人口-平成20年 新年にちなんで-  http://www.stat.go.jp/data/jinsui/topics/topi270.htm (2008.6.11確認)
キーワード
(Keywords)
子年
人口
干支
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
統計
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000044747解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!