このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000051273
提供館
(Library)
大阪市立中央図書館 (2210006)管理番号
(Control number)
10-3B-200901-06
事例作成日
(Creation date)
2007年11月21日登録日時
(Registration date)
2009年01月31日 02時11分更新日時
(Last update)
2019年09月29日 00時30分
質問
(Question)
司馬遼太郎が入り浸っていたという御倉門(みくらもん)図書館は、天王寺公園にあった図書館か?
回答
(Answer)
『大阪市立図書館50年史』によると、正しくは、御倉門図書館でなく、御蔵跡(おくらあと)図書館。
所在地は、南区蔵跡町 御蔵跡小公園内。大正10年10月設立、昭和20年3月全焼。
天王寺公園にあった天王寺図書館(天王寺区茶臼山町115番地)は、
昭和27年12月1日開館であり、御蔵跡図書館とは別である。(現在の天王寺図書館とも別)

司馬遼太郎とのつながりについては、「司馬遼太郎とその時代 戦中篇」(延吉 実/著 青弓社,2002.2)
第2章 夢想の霧のなかで  3 市立御蔵跡図書館 などを参照。

2011.9.19追加
大阪あそ歩(OSAKA-ASOBO)のまち歩きマップ「呉の国から来た織女たち~住吉街道の宿場町・長町(日本橋)を行く~」 http://www.osaka-asobo.jp/course/pdf/m/open/i/58?1316437881737 (2011.9.19確認)で、御蔵跡図書館が司馬遼太郎ゆかりの図書館として紹介されている。

2019.9.12追加
「図書館と歩んだ 私の青春 司馬遼太朗氏対談」『大阪市立図書館報 図書館通信』(No.38 , 1971.12)に、司馬遼太朗氏へのインタビュー記事があり、「何を読んでいたか、はっきり記憶しておりませんが、全部といってもよいくらいよんでいたのではないでしょうか」等、図書館の思い出が語られています。
回答プロセス
(Answering process)
当館発行『大阪市立図書館50年史』を確認。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
個人伝記  (289 9版)
参考資料
(Reference materials)
当館書誌ID <0012118683>  図書館通信 -大阪市立図書館報- No.1〜58 大阪市立中央図書館/編集 大阪市立中央図書館 1960.10-1981.9
「大阪市立図書館50年史」大阪市立中央図書館 1972 <当館書誌ID:0000372730>
「司馬遼太郎とその時代 戦中篇」 延吉 実/著 青弓社,2002.2 ISBN 4-7872-9152-1<当館書誌ID:0010241625>
大阪あそ歩(OSAKA-ASOBO)まち歩きマップ「呉の国から来た織女たち~住吉街道の宿場町・長町(日本橋)を行く~」 http://www.osaka-asobo.jp/course/pdf/m/open/i/58?1316437881737 (2011.9.19確認)
キーワード
(Keywords)
司馬遼太郎
御蔵跡図書館
天王寺図書館
大阪府大阪市
照会先
(Institution or person inquired for advice)
レファレンス協同データベース「大阪市立図書館のあゆみを知りたい」  http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000093624 (2019.9.12確認)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000051273解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!