このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000013266
提供館
(Library)
東京都立中央図書館 (2110013)管理番号
(Control number)
都立図事-2004001794
事例作成日
(Creation date)
2003/03/27登録日時
(Registration date)
2004年12月28日 02時15分更新日時
(Last update)
2007年02月27日 20時15分
質問
(Question)
JIS規格のA体型など成人男子の衣料サイズを決定する際、どのような調査をしたか。また、その時の対象となった人数、股下寸法の最高値を知りたい。
質問館調査済資料:『JISハンドブック 2003 繊維』(日本規格協会)、『男子服』(文化出版局)
回答
(Answer)
『JIS L 4004:2001 成人男子用衣料のサイズ』の解説に、調査についての記載がある。解2 p.19~解4 p.21。
それによると、1992~1994年にかけて、人間生活工学研究センターが約3万4千人の人体測定を行って、日本人の体格の変化を調査したこと、解析には18~79歳の12,686人の成人男子の人体計測データを用いたこと等がわかる。
股下寸法の最高値については、資料1に股下高の値あり。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
技術.工学  (500 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】 日本人の人体計測デ-タ 1992-1994 / 人間生活工学研究センタ- , 1997.10 D/501.8/5014/1997
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000013266解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!