このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000254801
提供館
(Library)
徳島県立図書館 (2110015)管理番号
(Control number)
徳郷20170802
事例作成日
(Creation date)
20170801登録日時
(Registration date)
2019年04月12日 00時30分更新日時
(Last update)
2019年04月17日 00時30分
質問
(Question)
モラエスが晩年交流のあった智賢尼が庵主をしていた「慈雲庵」について知りたい。慈雲庵は、北山町にあったらしい。慈雲庵廃庵のため東海寺がモラエスの永代供養を続けるという記事あり。(徳島日本ポルトガル協会のホームページより)
1.慈雲庵はどこにあったのか 2.慈雲庵近くの大谷梅林とはどこか。 3.所在地を示す記念碑などはあるか。
回答
(Answer)
1.慈雲庵について
a.『徳島市方上地区の歴史』(高田豊輝/著・発行 2007)p112 北山町蓑越の北側の山の中に江戸時代からあった方上の楽邦庵の末庵。開基の年代不明。p103 智賢尼没後、東海寺住職鷲野宥恵氏がモラエスの供養をしていた。後段に『ふるさと阿波』(平成4年3月号)の記事「モラエスと小坊さん 鷲野宥恵氏の「聞き書き」から」の紹介あり。
b.『ふるさと阿波』(平成4年3月号 河野幸夫/編 阿波郷土会/発行)p45-45「モラエスと小坊さん 鷲野宥恵氏の「聞き書き」から」山下博之/著 p42より「慈雲庵は東海寺に属する庵であり、寺の東方五百メートルの所にある。」と記載あり。p41より、東海寺は、徳島市北山町上屋敷三番地となっている。

2.大谷梅林について
『徳島 わが町』(徳島わが町編集委員会/編 徳島市中央公民館 昭和49年)p241 大谷の梅林は、明治時代から多くの風流人の杖をひいた所で、紅葉山の南西、ため池の東の山一帯に見事な梅林があったが、現在はミカン畑になっていると記述あり。

3.所在地の記念碑については不明。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
伝記  (280 8版)
参考資料
(Reference materials)
徳島市方上地区の歴史 (T210タカ4112,103高田豊輝/著・発行 2007)
ふるさと阿波 平成4年3月号 (T205アワ242河野幸夫/編 阿波郷土会/発行)
徳島 わが町 (T210トク6241徳島わが町編集委員会/編 徳島市中央公民館 昭和49年)
キーワード
(Keywords)
モラエス 慈雲庵
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000254801解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!