このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000130534
提供館
(Library)
国立国会図書館(National Diet Library) (1110001)管理番号
(Control number)
B130305172716
事例作成日
(Creation date)
2013/3/27登録日時
(Registration date)
2013年04月18日 00時30分更新日時
(Last update)
2013年08月19日 12時01分
質問
(Question)
生姜の成分が人体へ及ぼす効能について知りたい。
特に粉末に加工した状態やボディクリームに配合した場合はどうか。
回答
(Answer)
ご照会の事項について、以下のとおり回答します。
生姜の成分が人体へ及ぼす効能について、当館所蔵資料および当館契約データベースで調査したところ、化粧品としての効果、若しくは経皮摂取による皮膚への効果について記載がある資料(1)~(13)が見つかりましたので、ご紹介します。

(1)
当館請求記号:PA555-E26
タイトル:機能性化粧品素材の効能・効果・作用
出版者:シーエムシー
出版年月:1993.7

pp.226-228「V.3.3 ショウキョウチンキ(Ginger Tincture)」に、「ショウガの根茎をエタノールで浸出して製したチンキ剤」の機能、効能、作用と、ショウキョウの化粧品等への応用について、今後の展望がまとめられています。

(2)
当館請求記号:PA555-G66
タイトル:新しい化粧品機能素材300. 上
責任表示:鈴木正人 監修
版表示:「新しい化粧品素材の効能・効果・作用」の改訂版
出版者:シーエムシー出版
出版年月:2002.7

pp.311-312「2.0.14 生姜抽出物(ショウガオール、ジンゲロール)」に、生姜抽出物の機能、作用と、化粧品等への応用について、今後の展望がまとめられています。

(3)
当館請求記号:YU7-H4065
タイトル:新化粧品ハンドブック
出版者:日光ケミカルズ
出版年月:2006.10

pp.372-390に、「ショウキョウエキス」、「油溶性ショウキョウエキス」、「ショウキョウチンキ」の主成分、効果、参考文献が表形式で掲載されています。

(4)
当館請求記号:PA555-38
タイトル:化粧品原料基準注解
責任表示:日本公定書協会 編
版表示:第2版
出版者:薬事日報社
出版年月:1984.8

pp.578-580「ショウキョウチンキ」に、性状などと共に、応用として「毛根刺激剤、頭皮刺激剤、止痒剤としてヘアローションに配合される」とあります。

(5)
当館請求記号:PA2-B58
タイトル:International cosmetic ingredient dictionary and handbook
責任表示:editors Tara E. Gottschalck, Halyna P. Breslawec
版表示:14th ed
出版者:Personal Care Products Council
出版年月:2012

vol.3 pp.3599-3601に「Zingiber Officinale(Ginger) Extract」、「Zingiber Officinale(Ginger) Rhizome Extract(ショウガ根茎エキス)」、「Zingiber Officinale(Ginger) Root」、「Zingiber Officinale(Ginger) Root Extract(ショウガ根エキス)」、「Zingiber Officinale(Ginger) Root Oil(ショウガ根油)」、「Zingiber Officinale(Ginger) Root Powder(ショウガ根)」、「Zingiber Officinale(Ginger) Water(ショウガ水)」について、定義や情報源と共に、報告されている機能や製品カテゴリーがコンパクトにまとめられています。

(6)
当館請求記号:RB155-B2
タイトル:Ginger : the genus Zingiber
責任表示:P.N. Ravindran and K. Nirmal Babu
出版者:CRC Press
出版年月:c2005

生姜の栽培法から利用法まで掲載している資料です。pp.489-508「14 Properties and Medicinal Uses of Ginger」に生姜の効能が掲載されており、皮膚への適用としては、pp.500-501「Ginger in Home Remedies(Primary Health Care)」の項に、石灰水に浸した生姜をイボ取りに用いる、生姜水と石灰水の混合液をウオノメ取りに用いる、乾燥生姜粉を加熱マッサージすることで脱毛症治療に用いるなどの記述があります。

(7)
論題:【シワのメカニズムとその対策】 線維芽細胞エラスターゼ活性阻害剤のシワ改善効果
著者:森脇 繁

当館請求記号:Z17-950
雑誌名:FRAGRANCE JOURNAL
巻号・年月日:32(5)(284号);2004.05
ページ:46-51
ISSN:0288-9803

「ショウキョウ抽出液のヒトでの抗シワ効果を検証するため1%ショウキョウ抽出液配合クリームとプラセボクリームの12ヶ月間にわたる比較使用試験を行った」結果を報告しています。

(8)
論題:【最新外用薬治療戦略 私はこうしている】 機能性化粧品の展望
著者:芋川 玄爾

当館請求記号:Z19-B940
雑誌名:デルマ
巻号・年月日:132; 2007.10
ページ:175-189
ISSN:1343-0831

ヒト顔面皮膚におけるショウキョウエキスの抗シワ効果を検証するとともに、皮膚の紫外線による光老化を予防する剤としての効果についても言及しています。

(9)
論題:ショウキョウ抽出液の眼瞼周囲部しわに対する予防および改善効果(原著論文)
著者:塚原 和枝, 中川 秀己, 大槻 マミ太郎, 森脇 繁, 藤村 努, 武馬 吉則, 芋川 玄爾

当館請求記号:Z19-965
雑誌名:自治医科大学医学部紀要
巻号・年月日:27巻; 2004.12
ページ:19-27
ISSN:1348-8198

ヒト顔面皮膚におけるショウキョウエキスの抗シワ効果を検証しています。

(10)
論題:【最近の育毛研究と育毛剤の開発】 生薬の育毛効果に関する研究
著者:山口 琢児、竹田 秀一

当館請求記号:Z17-950
雑誌名:FRAGRANCE JOURNAL
巻号・年月日:33(12)(304号);2005.12
ページ:44-50
ISSN:0288-9803

生姜に牡丹皮、人参および当薬を配合した育毛剤のヒトでの育毛効果について検証しています。

(11)
論題:シュタイナーの湿布療法(その7) 生姜湿布
著者:伊藤 良子

当館請求記号:Z19-1249
雑誌名:京都市立看護短期大学紀要
巻号・年月日:31; 2006
ページ:27-31
ISSN:0286-1097

生姜粉溶液に浸した布を温湿布として用いる際の方法と効能を掲載しています。

(12)
論題:10-Shogaol, an Antioxidant from Zingiber officinale for Skin Cell Proliferation and Migration Enhancer
著者:Chung-Yi Chen, Kuo-Chen Cheng, Andy Y Chang, Ying-Ting Lin, You-Cheng Hseu, and Hui-Min Wang

雑誌名:International Journal of Molecular Sciences
巻号・年月日:13(2); 2012
ページ:1762-1777
ISSN:1661-6596

生姜の成分である10-Shogaolのヒト皮膚細胞成長作用、創傷修復作用について実証しています。
全文をPMC( http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3291991/ )で見ることができます。

(13)
論 題:Ethnopharmacological application of medicinal plants to cure skin diseases and in folk cosmetics among the tribal communities of North-West Frontier Province, Pakistan
著者:Abbasi AM, Khan MA, Ahmad M, Zafar M, Jahan S, Sultana S.

当館請求記号:Z53-X458
雑誌名:Journal of ethnopharmacology
巻号・年月日:128(2); 2010 Mar 24
ページ:322-335
ISSN:0378-8741

パキスタン北西州で皮膚の傷病治療薬、民間化粧品として用いられている薬草66種について記載している資料です。生姜については、根茎の粉末を傷口に振りかけたり、オイルで温めたものを損傷部分に塗布する創傷治療のための使用法が紹介されています。
抄録はPubMed( http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20138210) で見ることができます。


[その他調査済み資料・データベース](【 】内は当館請求記号です)
・ 『化粧品成分用語事典. 2012』(改訂・完全版 中央書院 2012.8【PA2-J57】)p.285「ショウキョウエキス」に「発毛促進、血流促進の目的で、シャンプー、リンス、頭髪用化粧品に使用 される」とあり、pp.414-415「ショウキョウチンキ」に「毛髪刺激、頭皮刺激、止痒効果があるので、石けん、シャンプー、リンス、頭髪用化粧品、 化粧水、ひげそり用ローション、パックなどに使用される」とあります。
・『化粧品成分ガイド』(宇山侊男, 岡部美代治 編著 フレグランスジャーナル社 2009.2【PA555-J18】)p.164「ショウガ根エキス」に、「血行促進効果があり、育毛剤やクスミ防止の 化粧品に配合されて」いること、「皮膚細胞の活性化」作用があることが記されています。
・『香粧品原料便覧』(フレグランスジャーナル社 編 第5版 フレグランスジャーナル社  2004.12【PA2-H40】)p.215にショウガエキスの「特性」として「防菌、皮膚刺激、抗酸化、保湿性、皮膚保護、防腐」とあります。
・『化粧料分野における公知技術集. 2012年版』(日本化粧品工業連合会 編 日本化粧品工業連合会特許委員会 2012.3【M351-J275】)
・『有用性評価・皮膚測定ノウハウ集』(安保公介 企画編集 技術情報協会 2011.10【SC591-J174】)
・『化粧品有用成分バイヤーズガイド 』(フレグランスジャーナル社 編 西島靖 監修 フレグランスジャーナル社 2011.4【PA555-J40】)
・『有用性化粧品の処方とその活用』(鈴木正人 監修 シーエムシー出版 2010.8【PA555-J33】)
・『化粧品科学ガイド 』(田上八朗, 杉林堅次, 能崎章輔, 宿崎幸一, 神田吉弘 監修 第2版 フレグランスジャーナル社 2010.6【PA555-J30】)
・『Beauty word : 最新/最詳!化粧品・美容用語辞典の決定版. 皮膚科学用語編』(霜川忠正 著 中央書院 2008.6【PA2-J9】)
・『日本化粧品原料集. 2007 』(日本化粧品工業連合会 編 薬事日報社 2007.6【PA555-H47】)
・『化粧品有効成分ハンドブック : new book to love cosmetics 』(霜川忠正 著 中央書院 2007.5【PA2-H78】)
・『化粧品大全 : 各工程における留意点・ノウハウ集』(情報機構 2007.4(2刷)【PA555-J19】)
・『最新/注目の化粧品原料データブック 』(米谷融 著 中央書院 2007.3【PA555-H42】)
・『日米欧化粧品原料比較. 1998』(日本化粧品工業連合会 編 薬事日報社 1998.4【PA555-G9】)
・『香粧品科学』(佐藤孝俊, 石田達也 編著 朝倉書店 1997.3【PA555-G13】)
・『化粧品種別許可基準 [1]~6』(厚生省薬務局審査第二課 監修 薬事日報社 1986.8~1991.9【PA555-53】)
・『PDR for herbal medicines』(3rd ed Thomson PDR c2004【SD2-B16】)pp.362-367にGingerの経口摂取による効能を掲載しています。
・ 『Herbal medicines 』(Joanne Barnes, Linda A. Anderson, J. David Phillipson 3rd ed Pharmaceutical Press 2007【SD2-B39】)pp.293-298にGingerの経口摂取による効能を掲載しています。
・『CRC world dictionary of medicinal and poisonous plants : common names, scientific names, eponyms, synonyms, and etymology』(Umberto Quattrocchi CRC Press c2012【SD2-B40】)
・小島 佑子「生姜シップを用いた疼痛緩和を試みて 患者に向き合うために」(『京都中央看護専門学校紀要』11巻 pp.59-64 2004.3【Z19-B297】)
・JDreamII[当館契約データベース]
・医中誌Web[当館契約データベース]
・Web of Knowledge[当館契約データベース]
・PubMed ( http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed

インターネット・データベースの最終アクセス日は2013年3月12日です。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
調査をした内容を添付ファイルとして貼り付けます。
NDC
衛生学.公衆衛生.予防医学  (498 9版)
油脂類  (576 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
ショウガ
健康法
化粧品
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000130534解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!