このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000086456
提供館
(Library)
国立国会図書館(National Diet Library) (1110001)管理番号
(Control number)
B2011口頭0404
事例作成日
(Creation date)
20110404登録日時
(Registration date)
2011年05月19日 02時00分更新日時
(Last update)
2011年05月19日 09時16分
質問
(Question)
化粧品の香料の歴史と成分について、記載がある資料がありましたら教えてください。
回答
(Answer)
ご照会の事項について、以下のとおり回答します(【 】内は当館請求記号です)。

化粧品の香料の歴史について記載があった資料(1)、(2)と、成分について記載のあった資料(3)-(5)をご案内いたします。また、化粧品に限定してはいませんが、合成香料について記載のあった資料(6)を参考までにご案内いたします。

(1)『最新香料の事典』(朝倉書店 2000.5 【PA555-G43】)
「3. 香料の歴史」(pp.66-79)に、メソポタミア・古代エジプト・ギリシア・ローマ・インド・中国・日本の香料の歴史のほか、香料の発展・近代化に関する記述があります。

(2)『香料文化誌』(新装版 八坂書房 2003.12 【PA555-H17】) 
ペルシア人とアラビア人の香料、東方諸国で使われた香料、シェイクスピア時代の香料、18・19世紀の香料、王侯貴族・有名人の愛した香料など、古代から中世・近世に使われた香料の歴史を記載しています。

(3)『香粧品科学』(朝倉書店 1997.3 【PA555-G13】)
「表5.9 動物性香料」(p.84)では、香料名、給源、性状、主な有香成分、産地を、「表5.10 主要な植物性天然香料」(pp.84-85)では、香料名、香調、採香部位、製法、主産地、主成分を、「表5.11 天然香料の分類」(p.86)では、分類、材料、製法、性状、主な香料名などを、「表5.12主要な合成香料」(pp.88-89)では、香料名、香調、主な存在場所、においなどを表にまとめています。

(4)『新化粧品ハンドブック』(日光ケミカルズ 2006.10 【YU7-H4065】)
「表21・1 おもな天然香料」(pp.482-483)では、名称、原料、主産地、主な製法、主成分を掲載しています。
「表21・2 代表的な合成香料」(pp.484-486)では、リモネン、シトラール等の化学構造分類、香料名、構造式、分子式、分子量、においを掲載しています。

(5)『においかおり』(フレグランスジャーナル社 2006.2 【PA555-H35】)「第5章 香料素材」では、天然香料105件について、製法、主要成分、香調、用途などを、合成香料158件について、化学名、CAS番号、分子式、分子量、沸点、比重などを掲載しています。

(6)『合成香料』(増補改訂版 化学工業日報社 2005.3 【PA555-H26】)
各論では、香料の分類ごとに、名称、別名、CAS名、CAS番号、既存化学物質番号、輸出統計品目表の商品分類番号、構造式、性状、沸点、融点、製法、用途、製造業者名、毒性などを掲載しています。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
油脂類  (576)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
天然香料
合成香料
調合香料
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000086456解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!