このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000087827
提供館
(Library)
さいたま市立中央図書館 (2210012)管理番号
(Control number)
中央-1-00191
事例作成日
(Creation date)
2010年9月10日登録日時
(Registration date)
2011年06月22日 15時50分更新日時
(Last update)
2012年01月06日 15時40分
質問
(Question)
水玉模様の意味・歴史について書かれた本が見たい。
回答
(Answer)
まとまった記述のある資料は見つからなかった。簡単な解説文が載っている以下の資料をを紹介した。

・『日本大百科全書 22巻』 小学館 1988.7 
p324「水玉」の項目 水玉模様の定義と、代表的な水玉模様について記述がある。

・『文様の辞典』 岡登貞治編 東京堂出版 1977
p281「水玉文」の項目

・『西洋装飾文様事典』 城一夫著 朝倉書店 2008.10
p318~p320「ドット〔dot〕」の項目

・『服飾辞典』 石山彰編 ダヴィッド社 1977 
p765「水玉(模様)dot」の項目に歴史についての記述あり。

また、GeNiiで「水玉模様」を検索したところ、CiNiiで18件、webcatPlus で43件該当した。その中からCiNiiで本文PDFがあった次の論文を紹介した。

・今木加代子「服飾デザインに見る呪的な問題について―ドット(水玉模様)の図像性を中心として―」『帝塚山短期大学紀要 人文・社会科学編・自然科学編』33,217_a-211-a,1996-3-1

以下の資料も見てみたが、水玉模様の意味や歴史についての記述はなかった。
・『ファッション・アイテム大図鑑』 ジョン・ピーコック著 グラフィック社 2000.10 模様について解説なし
・『西洋コスチューム大全』 ジョン・ピーコック著 グラフィック社 1994.9 模様について解説なし
・『20世紀のファッション』 ジョン・ピーコック著 グラフィック社 1994.8 模様について解説なし
・『日本の文様』 小杉一雄著 南雲堂 1988.11 水玉について記載なし

・『ミステリアス・ストライプ』 INAX出版 2002.3
p29 16世紀桃山時代、伊達政宗が着用したとされる陣羽織に大小の水玉の意匠がある。水玉の考察は別の機会に譲る、とある。

・『縞模様の歴史』 ミシェル・パストゥロー[著] 白水社 2004.8
p30~ 四 無地、縞、散らし模様、斑紋
p32 散らし模様(単色の面の上に規則的な間隔をあけて小型の図形をおいたもの)について少し記述あり。     「神が関係する多数の図像に使われた」とある。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
グラフィックデザイン.図案  (727)
デザイン.装飾美術  (757)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
水玉模様
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000087827解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!