このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000020102
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼久-2002-005
事例作成日
(Creation date)
2002/04/07登録日時
(Registration date)
2005年02月17日 02時15分更新日時
(Last update)
2009年03月23日 16時50分
質問
(Question)
久喜市内に住んでいるが、近所に馬頭観音があり昭和12年と彫られている。そのころ、炭疽病の流行により多くの農耕馬が死亡した事実はないか。当時の新聞記事などで確認したい。
回答
(Answer)
昭和12年頃の炭疽病の流行は確認できなかった。建立のいきさつに軍馬挑発の可能性もあるが特定はできなかった。
回答プロセス
(Answering process)
『新編埼玉県史』『埼玉県行政史』『昭和ニュース事典』『久喜市史調査報告書 6』(新聞資料目録)等で昭和12年前後を調べるが、炭疽病流行の事実は確認できず。
『新編埼玉県史 別編4』年表の明治23年8月6日に「県下の馬疫炭疽熱流行…」との記述あり。
『埼玉県下に於ける農業立地の研究 農業立地より観たる有畜農業調査』p27に「明治22年…当時県下に炭疽病大流行…」とあり。
『埼玉県行政文書件名目録 産業編』を見ても、炭疽病関係の文書は明治22-25年に集中している。
以上とともに、県立文書館で昭和初期の「東京日々新聞」を所蔵している旨を伝える。
また、『久喜市史調査報告書 10』の「久喜市の金石」を見ると、市内に87基ある馬頭観音中8基が昭和12年建立のもので、昭和12年に集中していることがわかる。
『日本の馬と牛』p210に「昭和12年の日中戦争から20年の終結まで、中国大陸のみで24万頭の馬が出征し…」との記述あり。『信州馬の歴史』p183にも、長野県では日中戦争中の軍馬の徴発が50万頭にのぼった旨の記述があり、当時の記念・慰霊碑、馬頭観音についても触れられている。
『久喜市史』で日中戦争と馬頭観音の因果関係は確認できなかったが、『新編埼玉県史 別編1』p646に「日清・日露戦争以降、軍馬として馬の徴発が行われる。」とある。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
畜産史.事情  (642 9版)
貴重書.郷土資料.その他の特別コレクション  (090 9版)
関東地方  (213 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
馬頭観音
久喜市-埼玉県-歴史
郷土資料
獣医伝染病-炭疽病
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000020102解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!