このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000246761
提供館
(Library)
さいたま市立中央図書館 (2210012)管理番号
(Control number)
大宮西部-1-00016
事例作成日
(Creation date)
2018年10月09日登録日時
(Registration date)
2018年12月01日 12時42分更新日時
(Last update)
2019年03月05日 20時06分
質問
(Question)
蕎麦の美味い条件として使用された「四たて」(とりたて、挽きたて、打ちたて、ゆでたての四条件を意味する)が、「三たて」(挽きたて、打ちたて、ゆでたての三条件を意味する)に変化したのはいつ頃なのか知りたい。
回答
(Answer)
蕎麦に関する資料より、言葉の解説については記述があったが、「四たて」から「三たて」に変化したことに関する資料は見つけられなかった。
質問者にその旨をお伝えして了承済み。
回答プロセス
(Answering process)
蕎麦に関する市内所蔵の資料をいくつかとりよせて、内容を確認。
『蕎麦の事典』新島繁編著 柴田書店 78pに「三立て」の項目あり。説明内に「四立て」を含めて言葉の説明はあり。
『そば・うどん百味百題』柴田書店 86-87pに「三立て」「四立て」についての言葉の説明はあり。
『蕎麦事典』植原路郎著 東京堂出版 1976の「うまいそば」の項に、
「代用食時代は過ぎて、現在の世態が求めている「そば」は腹いっぱい詰め込む傾向から「うまいそば」に移行している。これの基本としては、昔からいう「一こね、二伸し、三庖丁」また、「挽きたて、打ち立て、茹でたて」もさることながら、蕎麦粉の良否がまず問われる。」という記述あり。
変化したことについての記述はみあたらず。

また、Webにて「蕎麦」「三たて」「四たて」というキーワードで検索。
言葉の意味は出てくるものの、いつから言葉が変化したかは見つけることができなかった。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
衣住食の習俗  (383)
食品.料理  (596)
農業  (610)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
蕎麦
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000246761解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!