このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000197578
提供館
(Library)
大阪府立中央図書館 (2120005)管理番号
(Control number)
6001017397
事例作成日
(Creation date)
2016/07/26登録日時
(Registration date)
2016年10月01日 00時30分更新日時
(Last update)
2016年10月01日 00時30分
質問
(Question)
ミオパチー(筋疾患)の症状や治療法について書かれた書籍を教えてほしい。
回答
(Answer)
参考になるかと思われる資料は次のとおりです。

・『家庭医学館:ホーム・メディカ』(小学館・家庭医学館編集委員会/編集 小学館 1999.3)
p.1003-1013に「神経筋疾患とは」という項目があります。
p.1004には「筋原性疾患(ミオパチー)」の一覧があり、以降のページでそれぞれの症状や治療法について記載があります。

・『家庭医学大全科:BIG DOCTOR』(高久史麿/総合監修 法研 2010.10)
p.1168-1177に「筋肉の病気」という項目があり、筋ジストロフィーやその他のミオパチーについて、その原因や症状が解説されています。

・『内科学 4 神経・筋疾患・感染症・リウマチ,アレルギー,膠原病,原発性免疫不全症・中毒・環境による疾患』(黒川清/編集主幹 文光堂 2003.11)
p.1771-1787に、「10.筋疾患」、「11.ミトコンドリア脳筋症」、「12.神経筋接合部」という項目があります。
それぞれの項目で解説されている病気が、1の『家庭医学館 ホーム・メディカ』p.1004の一覧に記載のあるものですので、ミオパチーに関連する項目になるかと思われます。

・『ハリソン内科学 2』(ダン L.ロンゴほか/編 メディカル・サイエンス・インターナショナル 2013.3)
p.1958-1959の「集中治療を要する末梢神経系疾患」の中で、ミオパチーについての記載があります。
また、p.3012-3044には「386 重症筋無力症およびその他の神経筋接合部疾患」、「387 筋ジストロフィおよびその他の筋疾患」、「388 多発性筋炎、皮膚筋炎および封入体筋炎」という項目があり、それぞれ原因や症状について詳しい記載があります。

[事例作成日:2016年7月26日]
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
内科学  (493 8版)
家庭衛生  (598 8版)
参考資料
(Reference materials)
家庭医学館 小学館・家庭医学館編集委員会∥編集 小学館 1999.3 (1003-1013)
家庭医学大全科 6訂版 高久/史麿∥総合監修 法研 2010.10 (1168-1177)
内科学 4 黒川/清∥編集主幹 文光堂 1999.9 (1771-1787)
ハリソン内科学 2 第4版 ダン L.ロンゴ∥ほか編 メディカル・サイエンス・インターナショナル 2013.3 (1958-1959、3012-3044)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000197578解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!