このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000163548
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2014-065
事例作成日
(Creation date)
2013年12月25日登録日時
(Registration date)
2014年11月25日 16時56分更新日時
(Last update)
2016年04月15日 11時00分
質問
(Question)
1543年に種子島に鉄砲が伝来した際に購入費用とされた金2000両とは、現在の貨幣価値に換算していくらか知りたい。
回答
(Answer)
当時の2000両が現在のいくらにあたるかについては、現代と当時とでは社会状況が全く異なるため、明確に回答できる資料は見当たらなかった。
また、種子島に伝来した鉄砲の費用について、金2000両のほかにも諸説確認された。

『鉄炮伝来 兵器が語る近世の誕生』(宇田川武久著 中央公論社 1990)に、「さっそくニ千金という大金を投じて鉄砲を買い入れ」という記述があったが、その典拠とされている「鉄砲記」(南浦文之著 1606)には、「時堯不言其価之高而難及 而求蛮種之二鉄炮」とあるのみで、具体的な金額はなかった。
 また、「南島偉功伝」(西村天囚著 誠之堂書店 1899)には、「貮千両を謝儀として」との記述があったが、その典拠とされるメンデス・ピントの著作を確認すると、「1000タエルの銀」あるいは「銀千両」と書かれていた。
回答プロセス
(Answering process)
1 自館目録を〈鉄砲伝来〉で検索、該当資料を調査する。
『鉄炮伝来 兵器が語る近世の誕生』
 p2 南浦文之著「鉄砲記」のあらましとして、「さっそくニ千金という大金を投じて鉄砲を買い入れ」という記述はあるが、現在への換算額なし。
 なお、再刊の講談社学術文庫版では、一部表現が異なっている。
 
『火縄銃の伝来と技術』(佐々木稔編 吉川弘文館 2003)
 p219-220に、「鉄砲記」の該当部分として「時堯、其の価の高くして及び難きことを言はずして、蛮種の二鉄炮を求めて、以て家珍と為す矣。」との書き下し文あり。
 
『種子島銃 伝来とその影響』(洞富雄著 淡路書房新社 1958)
 p58 ピントの「廻国記」に、「ゼイモトは好意に報いるために、ある日、鉄砲を贈った。ナウタキン(※時尭のこと)は高価の品としてそれを受けとり、このために一〇〇〇タエルの銀を彼に贈ることを告げた」とあり。
 
『世界ノンフィクション全集 47』(中野好夫編 筑摩書房 1963)
 p366 メンデス・ピント著「東洋放浪記」の中に「狩に行って鳩をたくさん取って帰った後、銃を献上した。時堯は実に貴重な物をくれた、シナ人の全商品よりはるかに価値があるといって、銀千両を返礼に与え、さらに火薬を作る方法を教えるように頼んだ。」とあり。
 
その他、以下の資料に関連する記述があるが、金額の記載はなし。
『真説鉄砲伝来』(宇田川武久著 平凡社 2006)
『鉄砲伝来の日本史 火縄銃からライフル銃まで』(国立歴史民俗博物館、宇田川武久編 吉川弘文館 2007)
『鹿児島県史料 旧記雑録拾遺 家わけ 4』(鹿児島県歴史資料センタ-黎明館編 鹿児島県 1994)
また、個人開設のウェブサイト等に西村天囚著「南島偉功伝」を典拠とする情報あり。
 
2 《国会図サーチ》を〈南島偉功伝〉で検索、以下が該当する。
 《国会図デジタルコレクション 南島偉功伝》下 p16-17(52コマ目)
 「因てチエモトは鉄砲を献上しければ島主の感斜ならす、貮千両を謝儀としてチエモトに贈り、其厚情に報ひられたり、云々 銃猟の手練を驚嘆して奇世の珍と為し、鉄砲を獲て二千金を贈れる。後の本文と相合せり、蓋し事実に相違なからん」とあり。( http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/992713  国会図 2013/12/25最終確認)
 
3 当時の物価及び貨幣価値を調べる。
 以下を確認するが、鉄砲の費用に該当する数値はなし。
『日本史資料総覧』(東京書籍 1986)
『読史備要』(講談社 1966)
 p743-773に「金銀米銭相場一覧」あり。
『新編日本史辞典』(東京創元社 1990)
 p1202-1211「中世末・近世初頭物価表」あり。
『江戸物価事典 江戸風俗図誌 6』(小野武雄編著 展望社 1979)
『日本中世商品流通史論 荘園商業の展開と生産構造』(神木哲男著 有斐閣 1980)
《貨幣博物館》( http://www.imes.boj.or.jp/cm/history/historyfaq/a5.html  日本銀行金融研究所 2013/12/23最終確認)
 18世紀の貨幣価値についてのQ&Aあり。
《古代・中世都市生活史(物価)データベース》( http://www.rekihaku.ac.jp/up-cgi/login.pl?p=param/ktsb/db_param  国立歴史民俗博物館 2013/12/23最終確認)
 品名〈鉄砲〉で検索すると、当時の価格が分かる。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本史  (210 9版)
兵器.軍事工学  (559 9版)
参考資料
(Reference materials)
『鉄炮伝来 兵器が語る近世の誕生』(宇田川武久著 中央公論社 1990), ISBN 4-12-100962-2
『火縄銃の伝来と技術』(佐々木稔編 吉川弘文館 2003), ISBN 4-642-03383-1
『種子島銃 伝来とその影響』(洞富雄著 淡路書房新社 1958)
『世界ノンフィクション全集 47』(中野好夫編 筑摩書房 1963)
《国会図デジタルコレクション 南島偉功伝》( http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/992713  国会図 2013/12/25最終確認)
キーワード
(Keywords)
銃-歴史-日本
日本-歴史-安土桃山時代
種子島
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000163548解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!