このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000250758
提供館
(Library)
秋田県立図書館 (2110003)管理番号
(Control number)
秋田-2162
事例作成日
(Creation date)
2018年01月29日登録日時
(Registration date)
2019年01月29日 11時55分更新日時
(Last update)
2019年03月15日 15時41分
質問
(Question)
漢字の「龍」と「竜」の使い分けについて。
辞典によっては「竜」の漢字しか載っていない。いつから変化したのか知りたい。
回答
(Answer)
次の資料を案内。

①『新潮日本語漢字辞典』(新潮社/編、新潮社、2007.9、813.2/シシ/)資料番号:124462409
回答プロセス
(Answering process)
・813漢字辞典・参考資料棚をブラウジング。

①『新潮日本語漢字辞典』(新潮社/編、新潮社、2007.9、813.2/シシ/)資料番号:124462409
 ⇒P1657 【竜】【龍】旧字
  解字 一説に、「竜」は俗字で、旧字の「龍」が形声。
  参考 1.昭和二十六年五月に「龍」の字形で人名漢字に選ばれたが、昭和二十九年三月の当用漢字補正案に選ばれた際、「滝」に合わせて「竜」に字体整理された。 変化について記載あり

次の資料も確認したが、変化について記載なし。
×②『漢字ときあかし辞典』(円満字 二郎/著、研究社、2012.3、R813.2/エカ/)資料番号:123178204
 ⇒P627-P628 竜 以前は「龍」と書くのが正式。「竜」はそのくずし字から生まれたもので、略字として古くから使われてきた。現在でも、形がかもしだす雰囲気が好まれて、「龍」と書かれることが多い。なお、「竜」の部首を「立(たつ)」とする辞書もある。 記載あり

×③『大漢語林』(鎌田 正/著、大修館書店、1992.4、R813.2/カダ/)資料番号:120149497
 ⇒P1610 龍(竜)
  解字 象形。金文は、頭部に辛の飾りをつけたへびの形にかたどり、りゅうの意味を表す。
     龍は、その変形であり、常用漢字の竜は、省略体による。 記載あり

×④『広辞苑』(新村 出/編、岩波書店、1998.11、R813.1/シコ/)資料番号:128540309
 ⇒P2801 竜の記載あり 龍の記載なし
事前調査事項
(Preliminary research)
・閲覧済み資料
『辞林21』(三省堂編修所/編、三省堂、1993.11、R813.1/サジ/)資料番号:120809496
 ⇒P2152 竜* 龍 りゅう【竜(龍)】
  凡例【表記欄】1、二つ以上の表記がある場合は、一般的と思われる順に併記した。記載あり
    【漢字欄】(3)常用漢字表に掲げられている漢字には*を付した。記載あり
NDC
辞典  (813 8版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
漢字
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
受付方法:口頭、12/1
調査種別
(Type of search)
文献紹介 事実調査
内容種別
(Type of subject)
一般
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000250758解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!