このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000242892
提供館
(Library)
吹田市立中央図書館 (2310124)管理番号
(Control number)
吹-20-2018-004
事例作成日
(Creation date)
2018年02月04日登録日時
(Registration date)
2018年09月24日 13時57分更新日時
(Last update)
2019年03月31日 14時22分
質問
(Question)
重要文化財の登録を行うにはどのような手続きをしたらよいか。
徳島県にある知人の寺院が所有している仏像を、寺院所有のまま登録する方法を知りたい。
回答
(Answer)
重要文化財の指定は、所有者による届出制ではなく、文部科学大臣の指定制によるため、重要文化財の登録手続きは存在しない。

文部科学大臣は、有形文化財のうち重要なものを重要文化財に、
さらに重要文化財のうち特に価値の高いものを、国宝に指定することができる。

有形文化財(美術工芸品)に関することとして、該当する地方公共団体に相談されることを質問者へおすすめした。

徳島県ホームページで、検索キーワード「文化財」で検索>一般の方>許認可・届出>徳島県指定文化財の申請・届出・報告様式>「有形文化財の指定」に関する書式などがあり、問い合わせ先が、教育委員会教育文化課文化財担当となっていた。
教育委員会教育文化課文化財担当(最終確認2018.9.27)
「徳島県指定文化財の申請・届出・報告様式」(最終確認2018.9.27)「有形文化財の指定を申請するとき様式1号」の書式が公開されている。書式には「種類・名称及び員数」「所在の場所」「所有者の氏名又は名称及び住所」「年代」「品質」「形状」などの項目がある。
回答プロセス
(Answering process)
当館の検索機で、キーワード「重要文化財」で検索するが、検索結果には重要文化財の目録やガイドブックが多く、求める情報が掲載された本が見当たらない。
キーワード「文化財」で再度検索し、下記の資料に記述があることを確認した。

(1)『わかりやすい文化財保護制度の解説』(中村 賢二郎/著 ぎょうせい 2007.9)
p7「指定」の項目に「文部科学大臣は、有形文化財のうち重要なものを重要文化財に(中略)指定することができる。(中略)さらに、重要文化財のうち世界文化の見地から価値の高いもので、たぐいない国民の宝たるものを国宝に(中略)指定することができる。」とあり、重要文化財は、所有者による届出制ではなく、文部科学大臣の指定制により決まることが分かった。
p8図「文化財保護の体系」において、「有形文化財」から「指定」「登録」の二手に分かれ、「指定」されたものが「重要文化財」になり、「登録」されたものが「登録有形文化財」になることが図示されている。
p53「彫刻」の項目で、仏像を含む文化財の指定状況を確認した。「指定物件は仏像が圧倒的に多く、85%となっている。さらにこれを素材別に見ると木造が87%を占めている。時代別では飛鳥時代から鎌倉時代までのものが9割となっている」
p82「登録有形文化財」制度についての文中で、「登録」の文中に「地方公共団体独自の登録制度がある場合(すでに京都府などには登録制度が存した。)」という記述があったため、質問の仏像がある地方公共団体である(3)徳島県ホームページを検索した。

(2)『文化財の現在過去・未来』(彬子女王/編 宮帯出版社 2013.7)
p110「近年では重要文化財よりも、緩やかに保護の網を被せる「登録有形文化財」の制度も定着しつつある。こちらは、国が一方的な行政行為として行う「指定」とは異なり、所有者からの意思表示に応える形で「登録有形文化財原簿」への登録であり(後略)」とあり、2ページで概要がつかみやすいため紹介した。

(3)登録希望の仏像が徳島県にあると質問者から聞いていたため、徳島県のホームページを確認し、教育委員会教育文化課文化財担当の業務内容のひとつに「有形文化財(建造物・美術工芸品)に関すること」が含まれることを再確認できたため、電話で問い合わせできることを紹介した。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
芸術政策.文化財  (709 10版)
参考資料
(Reference materials)
中村賢二郎 著 , 中村, 賢二郎, 1933-. わかりやすい文化財保護制度の解説. ぎょうせい, 2007.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000009111609-00 , ISBN 9784324082942
彬子女王 編 , 三笠宮, 彬子, 1981-. 文化財の現在過去・未来 = The Past,Present,and Future of Cultural Asset. 宮帯出版社, 2013.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I024690796-00 , ISBN 9784863668898
キーワード
(Keywords)
文化財
文化財保護
仏像
重要文化財
有形文化財
美術工芸品
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調べたが回答には結びつかなかった資料
『遺物の保存と調査』(沢田 正昭/編集・監修 クバプロ 2003.3)
『遺跡保存の事典 新版』(文化財保存全国協議会/編 平凡社 2006.5)
『歴史的遺産の保存・活用とまちづくり』(大河 直躬/編著、三舩 康道/編著、梅津 章子/[ほか]著 学芸出版社 2006.3)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000242892解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!