このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000186050
提供館
(Library)
千葉県立中央図書館 (2120001)管理番号
(Control number)
千県中千葉-2015-19
事例作成日
(Creation date)
2013年01月22日登録日時
(Registration date)
2015年12月20日 10時22分更新日時
(Last update)
2019年03月29日 15時47分
質問
(Question)
国指定天然記念物である千葉県長生郡白子町常福寺のラカンマキについて知りたい。
日本唯一のラカンマキの国指定天然記念物である「常福寺のラカンマキ」が載っている資料を見たい。
また、文部省編の「天然記念物調査報告植物の部第18輯」(三好学他 1938)に同じく「常福寺のラカンマキ」の記述があるようなのでこちらの資料も閲覧したい。
回答
(Answer)
【資料1】『白子町史』p1076-1080「天然記念物」の項に「常福寺らかんまき」として、紹介されています。「全国一と評されている。」と記されています。史跡名勝天然記念物保存法により昭和12年文部大臣指定とあり、写真もあります。

【資料2】『ふるさとの歴史 白子の群像』p266「日本一の羅漢槇」の項によると、この常福寺の羅漢槇は、「昭和40年頃から鉱毒ガスの被害で、樹勢衰え、ついに枯木となったので、天然記念物たる資格を喪失した」と記載されています。枯木となった写真も載っていますが、天然記念物の資格を失した年はわかりません。

【資料3】『指定文化財図説』p204に「常福寺のラカンマキ」が掲載されています。
【資料4】『天然紀念物調査報告 植物之部 第18輯』については、当館では所蔵がありませんが、国立国会図書館のデジタルコレクションで公開されており、インターネットで閲覧・印刷することができます。
下記リンクをクリックしていただくと、該当資料をご覧いただけます。「常福寺のラカンマキ」の掲載コマ番号は42~43です。 http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1114786
(インターネットの最終アクセス:2015年12月18日)

(2019年3月情報追加)
【資料5】『千葉県史 自然誌編 千葉県の自然 本編1(県史シリーズ40)』(千葉県史料研究財団編集 千葉県 1996)
第15章 天然記念物 のp661「45 関の羅漢槇(県指定)」に、「長生郡白子町福島の常福寺」に「全国一といわれた国指定天然記念物のラカンマキ」があったこと、戦後、治療の甲斐なく枯死したため解除されたとの記述があました。写真や解除された正確な時期についての記載はありませんでした。
この項の筆者は野口昭造氏(p787)です。

【資料6】「国の天然記念物が枯死 白里町常福寺 犯人は亜硫酸ガス 日本一の「ラカンマキ」 」(『千葉日報』1966年11月16日)p7
※見出しは「白里町」ですが、記事本文には「白子町」とあります。
「昨年暮れ、こずえの枝が枯れ始め、この春には新芽も出ないまま今日にいたった」「このほど調査した結果、すでに完全に枯れていることがわかった」とあります。付近の天然ガス工場から出る亜硫酸ガスが原因とし、住民たちによる保護の試みについても記載があります。

解除については、官報に掲載がありました。
【資料7】『官報』(昭和43年5月11日 12419号)p6「文化財保護委員会告示 第29号」
回答プロセス
(Answering process)
国指定天然記念物という事なので「ふさの国の文化財総覧 第1巻 安房・夷隅・長生」(千葉県教育庁教育振興部文化財課 千葉県教育委員会 2004)を確認したが掲載されていない。千葉県のホームページ、文部科学省のホームページでも確認できなかったことから、現在は天然記念物ではないということが分かった。白子町史から調査。書庫の文化財関連資料をブラウジング、【資料3】への記載が確認できた。
千葉県立図書館ホームページにあるデータベース「菜の花ライブラリー」で「常福寺」「ラカンマキ」を検索したが該当なし。

(2019年3月情報追加)
千葉県立中央博物館から、【資料5】に掲載されていると情報提供があり、内容を確認した。
併せて、「菜の花ライブラリー」で「常福寺」を検索すると【資料6】の情報が見つかり(2018年度に1961年~1973年の新聞記事データが追加登録されたことによる)、当館所蔵のマイクロフィルムで確認した。
当館契約データベースである「官報情報検索サービス」で、日付指定を昭和40年1月1日から昭和44年12月31日まで、キーワードを「常福寺 ラカンマキ」で検索したところ【資料7】が該当した。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
芸術政策.文化財  (709 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】『白子町史』(千葉県長生郡白子町 1965)(9200325788)
【資料2】『ふるさとの歴史 白子の群像』(牧野誠一 千秋社 1987)(9200325779)
【資料3】『指定文化財図説』(千葉県教育委員会 1962)(9200209751)
【資料4】『天然記念物調査報告 植物之部 第18輯』(文部省 1938)
【資料5】『千葉県史 自然誌編 千葉県の自然 本編1(県史シリーズ40)』(千葉県史料研究財団編集 千葉県 1996)(0200647551)
【資料6】「国の天然記念物が枯死 白里町常福寺 犯人は亜硫酸ガス 日本一の「ラカンマキ」 」(『千葉日報』1966年11月16日)p7
【資料7】『官報』(昭和43年5月11日 12419号)p6「文化財保護委員会告示 第29号」
キーワード
(Keywords)
国指定天然記念物
千葉県-白子町
白子町-常福寺
ラカンマキ
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000186050解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!