このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000261237
提供館
(Library)
安城市図書情報館 (2310061)管理番号
(Control number)
1787
事例作成日
(Creation date)
2019年08月29日登録日時
(Registration date)
2019年09月11日 14時03分更新日時
(Last update)
2019年09月30日 16時17分
質問
(Question)
音読と朗読の違いが知りたい。
回答
(Answer)
①『例会新国語辞典』より
   音読⇒書かれた文章を、声を出してよむこと。音読みのこと。
   朗読⇒人に聞かせるために、文章などを、声に出して読むこと。

②『日本大百科全書』より
   音読⇒印刷されたり手記されたりした文字言語を音声化してよむこと。理解のための音読と、理解したものをその意味内容に即して表現し、他人に伝え、鑑賞させるための音読とがある。後者は前者と区別して「朗読」とよばれることもある。
   朗読⇒文章を声高くよみあげること。朗読は他人に文章内容を伝えるために発音するのだと考えられる。また、音読は文章内容を正確に伝えるため単調に発音してゆくことで、朗読は発生された文によって聞く者にイメージや情念を喚起させるようにいわゆる「表現として」読むことだとする説もあり、区別はさだかではない。

③文科省ホームページ
www.mext.go.jp/a_menu/shotou/clarinet/002/003/002/007.htm
  音読⇒黙読の対語(たいご)だから、声に出して読むことは広く「音読」である。 また、正確・明晰・流暢(正しく・はっきり・すらすら)を目標とする。
  朗読⇒「朗読」は、正確・明晰・流暢に以下を加える。
   ア 作品の価値を音声で表現すること
   イ 作品の特性を音声で表現すること
 (読者の受け止めた作者の意図・作品の意味・場面の雰囲気・登場人物の性格や心情を)
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本語  (031 9版)
辞典  (813 9版)
参考資料
(Reference materials)
日本大百科全書 24 (りさーん). 小学館, 1988.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001944923-00 , ISBN 4095260246
日本大百科全書 4 (おおつーかき). 小学館, 1985.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001743893-00 , ISBN 4095260041
林四郎[ほか]編著 , 林, 四郎 , 相澤, 正夫 , 大島, 資生 , 篠崎, 晃一. 例解新国語辞典 第7版. 三省堂, 2006.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000096-I010207847-00 , ISBN 4385136866
キーワード
(Keywords)
一般書
朗読
読み方違い
音読
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
小中学生
登録番号
(Registration number)
1000261237解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!