このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000113365
提供館
(Library)
愛知学院大学図書館情報センター (3310067)管理番号
(Control number)
日進11R-45
事例作成日
(Creation date)
2011/11/18登録日時
(Registration date)
2012年11月05日 17時17分更新日時
(Last update)
2012年11月09日 11時48分
質問
(Question)
蓬左文庫で複写した『温知政要』の序末と巻末にある印について知りたい。
何と書いてあり、どんな意味なのか。
回答
(Answer)
「温知政要管見」多 比佐志/著によると、

序末の印
太い丸の上部に、やや角がつくられ、そのうちに文字が一字記されている黒印。
文字は「諄」(マコト)名乗の反字である。
意味は、小川六太夫の手記からの引用として、「丸キハ御国和順、上下和シ候所、丸ニ少角御付被遊候 罰ハ少御意の由」とある。

巻末の印
角のとれた四角の黒印。
文字は「冠式」
意味は、小川六太夫の手記からの引用として、「「御官位の口宣ニ源敬公御代ヨリ無御座文有之、夫ヲ御判ニ御記被遊候由、国持六葉冠三司加此文也」とある。
回答プロセス
(Answering process)
※( )内は当館請求記号

質問者が持ってこられた複写物にあった請求記号から、蓬左文庫蔵書検索システムを検索し、資料が享保年間に徳川宗春によって著されたことを確認する。

落款や印章、徳川に関する事典類を見るが、宗春の印は見つからない。
下記、名古屋、尾張に関する資料を見る。
『名古屋市史  第3巻』(092.1/0297/3)
『名古屋叢書 第1巻』(090.8/026/1)
『温知政要』についての記述はあるが、印についての記述は確認できない。
ほか、名古屋、尾張についての事典類を見るが見つからない。

CiNiiで"温知政要""徳川宗春"を検索すると下記資料がヒットする。
多 比佐志. 「温知政要管見[徳川宗春]」 郷土文化. 1951,6(3), p.10-17

収録誌の『郷土文化』(09/15)は、所蔵があったので確認したところ
p.11に序末の印について、p.12に巻末の印について記述があった。
事前調査事項
(Preliminary research)
質問者が複写した資料は、享保17年に尾張藩士の小川宅政が宗春から拝領した特装本である。
NDC
日本史  (210 7版)
書.書道  (728 7版)
印章.篆刻.印譜  (739 7版)
参考資料
(Reference materials)
『郷土文化』6(3)/名古屋郷土文化会/1951/(09/15)p.10-17 (ZW94000510)
キーワード
(Keywords)
温知政要
徳川宗春
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
開放講座
登録番号
(Registration number)
1000113365解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!