このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000063977
提供館
(Library)
兵庫県立図書館 (2110027)管理番号
(Control number)
兵図00087
事例作成日
(Creation date)
2010年01月登録日時
(Registration date)
2010年02月25日 11時19分更新日時
(Last update)
2013年01月21日 17時36分
質問
(Question)
淡路島大見山山頂にある戦没学徒の慰霊碑「若人の広場」の建立年、設計者、閉鎖された理由
回答
(Answer)
①『三原郡史』(三原郡史編纂委員会 編/三原郡町村会事務所/1979.3) p727~728     
  建立年について「昭和42年10月9日、竣工式が行なわれた。」、設計者について「丹下健三の設計」と記述あり。
②『続三原郡史』(続三原郡史編纂委員会 編/兵庫県南あわじ市/2009.3) p655~658で、閉鎖にいたる経緯が詳述されている。
③施設の再開を目指して発足した「NPO法人若人の広場復興委員会」のHPに、「どうして荒れ果てたの?」の見出しで閉鎖の要因が挙げられている。 
④「兵庫の戦後モダニズム建築 戦没学徒記念若人の広場」笠原一人 著『歴史と神戸』第48巻2号(2009.4)p34~37
  建築についての論文、概略についても詳しく解説されている。                             
⑤『丹下健三』(丹下健三 著 藤森照信 著/新建築社/2002.9) p284   
  丹下健三の評伝と全作品をまとめたもので、これには「戦没学徒記念館」という名で紹介されており、設計者である丹下氏のこの作品への関わりについて、完成当時の逸話をもとに関係者の談話が引用されている。  
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
近畿地方  (216 9版)
日本の建築  (521 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
戦没学徒若人の広場
丹下健三
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000063977解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!