このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000115946
提供館
(Library)
愛知淑徳大学図書館 (3310015)管理番号
(Control number)
ASN2012-24
事例作成日
(Creation date)
2012年12月11日登録日時
(Registration date)
2012年12月18日 14時53分更新日時
(Last update)
2016年02月29日 09時56分
質問
(Question)
昭和14~15年ごろ「満州映画協会」が製作・配給している尾崎士郎原作「成吉思汗」映画が公開されたかどうかを知りたい。

関連質問ASN2012-23
回答
(Answer)
<参考資料として紹介>
雑誌『映画旬報』52号 (昭和17年7月1日)p.44-45 鈴木重三郎“「成吉思汗」企画から着手まで-中間報告-”
雑誌『映画史研究』19号、昭和59年 坪井与「満州映画協会の回想」中のp.13「尾崎士郎の来満」
【★2】『日本映画作品辞典』戦前篇第2巻 さ-のp.968 JA-07801 成吉思汗
【★4】『近代戯曲』p.486-487岡栄一郎の略歴

※現在の調査で判明した記事を紹介。資料の内容は回答プロセス参照のこと。
回答プロセス
(Answering process)
1.質問者からの情報提供により『映画年鑑』を調べる
   【★1】『映画年鑑』
     昭和編1-10 昭和18年版 p.215 雑誌新聞所載文献 企画 鈴木重三郎“「成吉思汗」企画から着手まで”
       
雑誌『映画旬報』52号 (昭和17年7月1日)p.44-45 鈴木重三郎“「成吉思汗」企画から着手まで -中間報告-”
           →「成吉思汗」映画化の過程で尾崎士郎原作、八木隆一郎脚色の脚本は採用されず、比佐芳武の脚本が決定稿とある。
             また比佐芳武の脚本で牛原虚彦監督により映画化されたとある。
       ※雑誌『映画旬報』関連情報
            55号 (昭和17年8月1日)p.41鈴木重三郎“満州と私”→昭和16年12月には比佐芳武朔の脚本決定稿完成とある。
            20号 (昭和16年7月21日)p.23「撮影特報 成吉思汗映画」
  
<有力情報なし>
   『映画年鑑』
   昭和編1-7 昭和15年版
   昭和編1-8 昭和16年版
   昭和編1-9 昭和17年版

2.1で判明した映画について調べる
  レファレンス資料コーナー ブラウジング(778映画付近)
    【★2】『日本映画作品辞典』戦前篇第2巻 さ-の
         p.968 JA-07801 成吉思汗(製作会社/封切年/封切日/監督/脚色などを確認出来るが尾崎士郎原作ではない)
      
3.満州映画協会との関連から調べる
  3-1.【★3】ジャパンナレッジ→キーワード:「満州映画協会」
     <有力情報なし>
      関連サイト:日本大百科全書(ニッポニカ)
            満州映画の一考察 李香蘭を中心として< http://www.m-omura.com/masa/mokugi.htm
            満州映画協会の役割とその影響< http://www.cmn.hs.h.kyoto-u.ac.jp/CMN5/ooba.html
      参考文献:日本大百科全書(ニッポニカ)
            『幻のキネマ満映 : 甘粕正彦と活動屋群像』(山口猛著 平凡社, 2006 778)
             p.408-満州映画時代年表/p.424-満州映画協会フィルモグラフィー

  3-2.当館蔵書検索→件名:「満州映画協会」
    <有力情報なし>
      『哀愁の満州映画 : 満州国に咲いた活動屋たちの世界』(山口猛著 三天書房, 2000 778067/Y)
      『満映 : 国策映画の諸相』(胡昶, 古泉著 ; 横地剛, 間ふさ子訳 パンドラ 1999 778/KO111)

4.ASN2012-23/22より取材旅行に同行した「岡栄一郎」について
    【★3】ジャパンナレッジ
キーワード:岡栄一郎→日本人名大辞典より“大正-昭和時代の劇作家”であることがわかる。
       当館蔵書検索→キーワード「岡栄一郎」
       【★4】『近代戯曲』
           p.486-487岡栄一郎の略歴→“満州映画協会の嘱託・・・映画の完成を待つことなく満映を去った”

5. 【★5】Google Books検索    
  キーワード「尾崎士郎、成吉思汗、原作、映画、満映、満州映画協会」など
  
5-1.雑誌『映画史研究』19号、昭和59年
      所蔵ナシ 坪井与「満州映画協会の回想」中のp.13「尾崎士郎の来満」
             →尾崎士郎原作、八木隆一郎脚色の「成吉思汗」は当時の満映では着手できなかったとの記事がある。
  
5-2.『群像』28(12)p.196-尾崎一雄“あの日この日”
      所蔵有  p.201→尾崎士郎が映画の原作を依頼されたが映画に関しては“知らない”と書いている
  
5-3.【★6】『第二次大戦・暗い青春』
      所蔵ナシ 海外ニュース・外地の日本人記事(昭和14年)
p.333「満州国が「成吉思汗伝」を映画化へ~尾崎士郎に原作依嘱」

<有力情報なし>
『成吉思汗 : 大草原の王者 : 東映スコープ総天然色』([依田義賢脚本])
→所蔵館に確認:尾崎士郎との関連は確認出来ない。

Web最終確認日:2012/12/18
以上
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
映画  (778 9版)
作品集  (918 9版)
日本史  (210 9版)
参考資料
(Reference materials)
【★1】『映画年鑑』(日本図書センター, 1994 778/E37*)
【★2】『日本映画作品辞典』戦前篇(日本映画史研究会編 科学書院 1996 778/N773/*)
【★3】契約DB『JapanKnowledge(ジャパンナレッジ)』 (百科事典・辞書・ニュース・学術サイトURL集などを検索可能)
【★4】『近代戯曲』(井口哲郎編 石川近代文学館1990 9186/KO12/15)
【★5】Google Books< http://books.google.co.jp
【★6】『第二次大戦・暗い青春』(入江徳郎 [ほか] 編 本邦書籍, 1985 210) (※新聞集成昭和史の証言 第13巻 昭和14年)
キーワード
(Keywords)
成吉思汗
ジンギカン
尾崎士郎
映画化
満州映画協会
満映
岡栄一郎
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
映画
質問者区分
(Category of questioner)
教員
登録番号
(Registration number)
1000115946解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!