このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000190658
提供館
(Library)
豊中市立図書館 (2310050)管理番号
(Control number)
6000027003
事例作成日
(Creation date)
2016/03/30登録日時
(Registration date)
2016年04月02日 00時30分更新日時
(Last update)
2016年04月06日 14時16分
質問
(Question)
阪急宝塚線豊中駅が高架になったのはいつか
回答
(Answer)
『事業誌 阪急宝塚線(豊中市)連続立体交差事業』のpp.20-23に連続立体交差事業の概要と経緯について記載あり。
ここには、豊中駅高架化に関するはっきりとした記述はないが、p.42に『広報とよなか』平成6年11月号と9年11月号の紙面が掲載されており、6年11月6日に曽根駅南側から豊中駅北側までの高架化事業のうち、上り線が完成。9年の11月8日に下り線の高架化工事が完成したことが分かる。

念のため、保存している『広報とよなか』の原紙でも確認した。
『広報とよなか』1994年11月号vol .535 pp.8-11「阪急宝塚線連続立体交差事業 梅田方面行きの高架工事が完成します」
『広報とよなか』1997年11月号vol.571 pp.10 「阪急宝塚線連続立体交差事業 下り線が11月8日(土)から高架になります」

高架化した豊中駅の設備等は『100年のあゆみ 通史』pp.206-207で確認できる。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
鉄道運輸  (686)
参考資料
(Reference materials)
『事業誌』大阪府・豊中市・阪急電鉄株式会社/編集(豊中市) (pp.20-23、p.42)
『100年のあゆみ通史』阪急阪神ホールディングス株式会社グループ経営企画部(広報担当)/編集(阪急阪神ホールディングス) (pp.206-207)
キーワード
(Keywords)
豊中駅(トヨナカエキ)
阪急宝塚線(ハンキュウ タカラヅカセン)
高架化(コウカカ)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
庁内
登録番号
(Registration number)
1000190658解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!