このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000170366
提供館
(Library)
岩手県立図書館 (2110044)管理番号
(Control number)
岩手-219
事例作成日
(Creation date)
2015年01月08日登録日時
(Registration date)
2015年04月04日 17時25分更新日時
(Last update)
2015年05月07日 16時40分
質問
(Question)
万華鏡の始まり、歴史をしりたい。
回答
(Answer)
万華鏡は19世紀にスコットランドの物理学者デビット(ディヴィット)・ブリュースターによって発明され、またたく間にヨーロッパ中にひろがり、日本にも伝わっている。

【参考資料】
『万華鏡』
⇒p28~31「万華鏡の歴史」
《1816年、物理学者デビット・ブリュースターは、偏光や、灯台の灯がどこまでとどくかなど、光の研究中に万華鏡を発明した―(略)》
『身近なモノ事始め事典』
⇒p267~269「万華鏡はアール・デコの天才」
《(略)―万華鏡は日本にもすぐに伝来し、1819(文政2)年に「紅毛渉り更紗眼鏡流行、大阪にて贋物多く製す」という万華鏡を示す記述が、『摂陽奇観』に見える。発明後わずか3年にして、日本でも模造品が作られている。1856(安政3)年刊の高野長英による兵法の翻訳書にも、「可列以度斯可布」の当て字で登場する―(略)》
回答プロセス
(Answering process)
・「万華鏡」をキーワードにOPAC検索。
・ヒットした資料を調査し、記述を確認した。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
人形.玩具  (759 9版)
日本語  (031 9版)
参考資料
(Reference materials)
『万華鏡』大熊 進一∥文 日本万華鏡倶楽部∥監修 文渓堂 2003年, ISBN 489423355-X ( http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000004314809-00 )
『身近なモノ事始め事典』三浦 基弘∥著 東京堂出版 2010年, ISBN 9784490107876 ( http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000010993245-00 )
キーワード
(Keywords)
万華鏡
歴史
ブリュースター(ブルースター)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
小中学生
登録番号
(Registration number)
1000170366解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!