このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000040404
提供館
(Library)
福井県立若狭図書学習センター (2110046)管理番号
(Control number)
福若-2007-1113
事例作成日
(Creation date)
2007年11月14日登録日時
(Registration date)
2007年12月19日 14時14分更新日時
(Last update)
2010年03月24日 13時28分
質問
(Question)
小浜を中心とした料理の「浜焼き鯖」に関する資料を見たい。
回答
(Answer)
『若狭のおさかな』ほかに、歴史や製造法などが出てくる。行商や販売店の聞き書きなどの資料もある。
「焼き鯖ずし」など関連する項目が多い。
回答プロセス
(Answering process)
①自館でタイトルで「(浜)焼き鯖」で検索する。
② 直接以下の棚をあたる。
 (1)H596 ,H386:食文化関係
 (2)H487 ,H664:魚類・水産業関係
 (3)H682:鯖街道

①~②により、以下の関連資料を確認した。
 (1) 
   ・『聞き書福井の食事』1987(H380/キ):p279~280
   ・『民俗文化』第7号 越前若狭特集1995(H386/キンキ)
    :「鯖街道の始点」p69~117 焼き鯖等を行商した人達の聞書き
   ・『活動の軌跡 ふくい食の宝』1998(H596/ホコリ):p33
   ・「旬の里ふくい」2004年9月号
 (2)
   ・『若狭のおさかな』2007(H487/ワカサ)
    :「サバの伝統食品」のうちp113~114,「おさかな食文化史」のうちp138~140
   ・『サバの文化誌』2002(664.6/タムラ)
    :「若狭の鯖ぼて」p135~136 上述「鯖街道の始点」も引用
   ・『全国水産加工品総覧』2005(667/フクタ)
    :「焼さば」p205~207 焼き鯖の製造過程を詳細
 (3)
   ・『鯖街道物語』1998(H682/ヨシカ)
    :「浜焼き鯖」p3 焼き鯖製造・販売店の取材

*以下のことにも注意したい
  ・若狭地方には鯖を使った伝承料理が多く「へしこ」「なれずし」「鯖ずし(発祥は京都)」などが代表的だが、
   「浜焼き鯖」はそれらよりは歴史が浅いようである。鯖街道を使った行商で内陸部(サトウリ)や京都へ「若狭もの」としても運ばれている。
  ・小浜の放生祭り,京都の祇園祭りなど、祭礼時の料理にも使われている。
  ・焼き鯖を使った料理としては「鯖めし」や、近年は福井発祥の「焼き鯖ずし」がブーム。伝統食材を使ったレシピ本にも
   いくつかの創作料理が紹介されている。
  ・県内ではほかに、越前海岸から運ばれる大野の「半夏生」の焼き鯖も有名である。

【2010.03.24修正】
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
衣住食の習俗  (383 8版)
食品.料理  (596 8版)
漁労.漁業各論  (664 8版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
(浜)焼き鯖 
鯖街道
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
学生
登録番号
(Registration number)
1000040404解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!