このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000014042
提供館
(Library)
国立国会図書館(National Diet Library) (1110001)管理番号
(Control number)
D1998F1854
事例作成日
(Creation date)
19980415登録日時
(Registration date)
2005年02月02日 02時12分更新日時
(Last update)
2005年11月09日 18時09分
質問
(Question)
1912年(明冶45年/大正元年)の雑誌の総発行部数がわかる資料。
回答
(Answer)
明冶から戦前期にかけての出版統計を調べるための基本的な資料として、現時点では、内務省の統計(『大日本帝国内務省統計報告』により検索)があるのみと思われます。この時期の出版統計で、各種資料に現われる数字の多くは、いずれも同統計からの転載と考えられます。同書の複製版である(1)を通覧しますと、内務省機構の改革、関連法律の改正等にともない、統計のとり方・統計内容ともに、かなりの変遷が見られるようです。新聞の発行部数につきましても、明冶31年までは発行部数が府県別に詳しく集計されていました(ただし「新聞紙雑誌」をまとめたもの)が、以後は新聞、雑誌ごとに有保証金・無保証金別の種数となっています。したがって、ご照会のありました明冶45(大正元)年の新聞の発行部数については、すでに貴館でご調査済みのとおり、これを知るための有効な資料がなく、不明です。
なお、新聞の発行部数等に関して総合的にまとめられた研究資料は見当たりませんが、戦前期の複雑な出版統計を知るうえで、以下に挙げました(2)、(3)のような文献が参考になると思われますのでお知らせします。

(1)『内務省統計報告』 第1-52巻(明冶17・18年~昭和17年) 日本図書センター 1988-1991 52冊 <DT31-E3>
  *『大日本帝国内務省第 回統計報告』(明冶20年刊~昭和19年刊)の複製
(2)牧野正久:年報『大日本帝国内務省国内統計報告』中の出版統計の解析(上)(下)
 (『日本出版史料』 1,2 1995,1996 日本エディタースクール出版部 <Z21-B231>)
(3)『内務省の機構・機能と「内務省統計報告」』大日方純夫著 日本図書センター 1989 
 (『内務省統計報告』解題・解説) <DT31-E3>

< >内は当館請求記号
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
『日本出版文化史』(日本書誌学大系1)p.984 種数のみ
『日本出版百年史年表』 種数のみ
『明冶大正国勢総覧』 種数のみ
『日本帝国統計年鑑』 種数のみ
『日本長期統計総覧』 種数のみ
『大日本帝国内務省統計報告』 種数のみ
『東京府統計書』 明冶22年で発行部数の項目がなくなる
『日本出版販売史』 データなし
『日本雑誌協会十年史』 データなし
『明冶文化全集 雑誌編』 データなし
日本雑誌協会:統計は近年着手したばかりで当時のものは無い 
NDC
出版  (023 9版)
参考資料
(Reference materials)
内務省統計報告 第1-52巻(明冶17・18年~昭和17年) 日本図書センター 1988-1991 52冊 <DT31-E3>
日本出版史料 1,2 1995,1996 日本エディタースクール出版部 <Z21-B231> (牧野正久:年報『大日本帝国内務省国内統計報告』中の出版統計の解析(上)(下))
内務省の機構・機能と「内務省統計報告」 大日方純夫著 日本図書センター 1989 『内務省統計報告』解題・解説 <DT31-E3>
キーワード
(Keywords)
雑誌
出版-統計
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
大学図書館
登録番号
(Registration number)
1000014042解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!