このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000137890
提供館
(Library)
県立長野図書館 (2110021)管理番号
(Control number)
県立長野-13-007
事例作成日
(Creation date)
2010年07月29日登録日時
(Registration date)
2013年10月06日 17時11分更新日時
(Last update)
2013年11月14日 11時11分
質問
(Question)
 大町市の花である「カタクリ」がシンボルとして選ばれた理由と過程を知りたい。
回答
(Answer)

平成元年(1989年)の信濃毎日新聞によると以下のとおり。

 4月18日紙面(中信生活圏版p18)要約
  ・市制35周年記念事業として市の木、花、鳥、動物などのシンボルの募集を開始。
  ・前年東山低山帯野外博物館が、「大町の木にオオヤマザクラ、花にカタクリ」を選定し、市に採用
するように申し入れている。
  ・募集は5月24日まで。近く発足する「まちづくり懇談会」で「応募数を勘案しながら選定」
(市企画課)。
  ・採用者は7月の記念式典で表彰し、記念品を贈呈する。

 6月9日紙面(中信生活圏版p24)要約
   ・大町市は、市制30(原文のまま)周年記念事業の一つとして、市の花、木、獣、鳥を制定する
方針を決め、6月8日の議会全員協議会で説明した。
   ・市花はカタクリ。昨年東山低山帯野外博物館が木と花について制定を提言したのを受けて検討。
市民の推薦(20通)やまちづくり懇談会委員の投票結果を参考に決めた。
   ・今後は図案を公募して観光資料に印刷するなどして活用する。

 7月3日紙面(中南信生活圏版p21)要約
   ・市制施行35周年の記念式典を実施。席上で市花を含むシンボルの制定を発表し、応募者から選
んだ当選者に、記念品を贈った。

回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
中部地方  (215)
地方自治.地方行政  (318)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
大町市
シンボル
カタクリ
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000137890解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!