このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000106129
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2012-041
事例作成日
(Creation date)
2012年02月12日登録日時
(Registration date)
2012年05月17日 13時06分更新日時
(Last update)
2012年07月27日 14時10分
質問
(Question)
神奈川県三浦市の1955年合併時の市長の名前と合併直前のそれぞれの町村長の名前を知りたい。
神奈川県三浦市は1955年に合併している。
回答
(Answer)
三浦市の初代市長名、合併前の3町村の町村長名は、《ヨミダス歴史館》および『職員録 昭和30年版』より、以下のとおりとわかる。
三浦市初代市長 川崎喜太郎 
合併時の 三崎町長  草場 林太郎 南下浦町長 新倉 誠一 初声村長   山田 孝三郎

『職員録 昭和30年版』(大蔵省印刷局 1955)
p1101〈神奈川県 三浦郡〉の項あり。合併前の3町村の町村長名の記述あり。
「南下浦町 町長 新倉 誠一」「三崎町 町長 草場 林太郎」「初声村 村長 山田 孝三郎」

《ヨミダス歴史館》を〈三浦市 & 市長〉で検索する。
『読売新聞 1955年2月12日』夕刊1面の「三浦初代市長に川崎氏」という記事より、三浦市の初代市長は「川崎喜太郎」氏とわかる。
回答プロセス
(Answering process)
元の3町村の町村名を調査する
『角川日本地名大辞典 14 神奈川県』(「角川日本地名大辞典」編纂委員会編  角川書店 1984)
p1403(「市町村沿革表」中)によると三浦市は昭和30年1月1日に三崎町(三浦郡)と南下浦町(三浦郡)と初声村(三浦郡)の三町が合併して誕生している。
『神奈川県史 資料編12 近代・現代』(神奈川県企画調査部県史編集室編 神奈川県 1977)
p579「神奈川県町村合併一覧表」に三浦市あり、三浦郡南下浦町・三崎町・初声村が合併して新設されたことはわかるが、それぞれの町長名はなし。
『神奈川県百科事典』(神奈川県百科事典刊行会編集 大和書房 1983) 該当の記述なし。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
地方自治.地方行政  (318 9版)
参考資料
(Reference materials)
『職員録 昭和30年版』(大蔵省印刷局 1955)
『読売新聞 1955年2月12日 夕刊1面』
キーワード
(Keywords)
三浦市
地方行政-神奈川県
市長
町長・村長
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000106129解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!