このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000127436
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2012-218
事例作成日
(Creation date)
2012年12月20日登録日時
(Registration date)
2013年01月25日 16時11分更新日時
(Last update)
2013年03月19日 17時20分
質問
(Question)
作家ゾラの言葉で、「沈黙は共犯」という言葉があったと記憶しているが、どの著作に記述があったか知りたい。
回答
(Answer)
ドレフュス事件に関してゾラが発行したパンフレット「フランスへの手紙」に該当の言葉があった。この著作の情報があるものとして、以下の資料を紹介した。
『ドレフュス事件とゾラ:抵抗のジャーナリズム』(稲葉三千男著 青木書店 1979) 
 p169-224 ドレフュス事件に関連するゾラの活動に関しての記述あり。
 (「第7章 真理は前進している:ゾラの登場」)
 (「第8章 わたしは糾弾する!」)
 p203-205 1898年1月6日のパンフレット「フランスへの手紙」に関する記述と引用の中に、該当すると思われる記述あり。
「1897年が暮れて、新しい年がやってきた。(中略)同じ1月6日、ゾラは、2回目のパンフレット「フランスへの手紙」を発売した。「青年への手紙」と同じ基調の手紙である。
「(中略)私のただ一つの懸念は、真実の暴露が、完全に、ただちに行なわれないかもしれないということだけである。秘密裡の予審につづいて、非公開の審理があっても、終止符を打ったことになんかちっともならない。
むしろそのときにこそ、事件がはじまったというべきだろう。なぜなら、いまこそ発言しなければいけないし、沈黙は共犯を意味することになるからである。(後略)ゾラは、まさに事態の本質を見抜いていた。」

『ドレフュス事件とエミール・ゾラ:告発』(稲葉三千男著 創風社 1999)
 p3-26〈『フランスへの手紙』〉の章に経緯および全文の訳あり。
 p5「かなり長文のパンフレット『フランスへの手紙』を、おなじくパンフレットの形で前年12月14日に公刊した『青年への手紙』の続編として、精魂こめて執筆していたためかと推測できる。なお、『フランスへの手紙』の発売を、ゾラ自身は「1月6日」と記しているけれども、彼の記憶違いで(『書簡集 第9巻』132ページ注)、4日と5日で執筆、6日印刷、7日発売が正しいとされている。」
 p7-22〈フランスへの手紙〉本文訳あり。
 p22「ただちにピンからキリまでが明らかにされなかったら--これが私のただ一つの心配である。秘密の審査につづいて非公開の裁判が開かれたとして、なんの決着にもなりはしない。沈黙は共犯に等しいから、どしどし発言せねばならず、そのときには事件を再燃させるしかない。真の「歴史」が書かれることを禁止できると信じることほど、馬鹿げたことはない!この歴史はきっと書かれる。そこにかかわっている責任の度合いがどんなに小さいにもせよ、書かなかったなら、きっと罰せられる。」
 p117-157『私は告発する』の発表経緯と本文あり。
 p136「(略)彼があえてしたのですから、私もあえて申しましょう。真実を私は申します。規則に縛られているために裁判が、真実を隅から隅まですっかり明らかにしないというのなら、それを私がいうと約束したからです。語るのが私の義務です。私は共犯者になりたくありません。」
回答プロセス
(Answering process)
ゾラやドレフュス事件に関する資料を確認した。
以下は記述なし。
『ドレフュス事件とエミール・ゾラ:1897年』(稲葉三千男著 創風社 1996)
 p238-250『青年への手紙』の執筆経緯および全文の訳あり。本文の中に「沈黙は共犯」もしくはそれに類する表現なし。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
個人伝記  (289 9版)
人生訓.教訓  (159 9版)
フランス  (235 9版)
参考資料
(Reference materials)
『ドレフュス事件とゾラ:抵抗のジャーナリズム』(稲葉三千男著 青木書店 1979)
『ドレフュス事件とエミール・ゾラ:告発』(稲葉三千男著 創風社 1999)
キーワード
(Keywords)
Zola, Emile Edouard Charles Antoine(ゾラ エミール)
ドレフュス事件
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
人物 ; 言葉
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000127436解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!