このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000014041
提供館
(Library)
国立国会図書館(National Diet Library) (1110001)管理番号
(Control number)
A2000F3065
事例作成日
(Creation date)
20000621登録日時
(Registration date)
2005年02月02日 02時12分更新日時
(Last update)
2005年11月16日 11時54分
質問
(Question)
日露戦争初期の第1回旅順港閉鎖作戦に使用された報国丸の船歴等を知りたい。
回答
(Answer)
当館所蔵の『日本船名録』を調査したところ、明治28年から38年に「登録船 汽船」として「報国丸」が記載されていた。『日本船名録』の書誌事項は以下の通り。

『日本船名録 明治20-45年』 逓信省管船局編 帝国海軍協会 明20-45 24冊 注記:明治33年までの出版者:逓信省 <当館請求記号 YDM203455>(マイクロ資料)

記載事項は、番号・信号付字、船名、航路、船質・推進器・網具装置、トン数、尺度(長・幅・深)、平均喫水、汽機・汽鑵、公称馬力、製造(年月・地名・製造者)、船籍港、所有者等々。
なお、この資料によれば「報国丸」の所有者は以下のように変遷している。
  明治28年-34年  喜多伊兵衛
  明治35年-36年  川村佐吉
  明治37年-38年  森三樹太郎
所有者以外については特に変化は認められなかった。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
各種の船舶.艦艇  (556 9版)
参考資料
(Reference materials)
日本船名録 明治20-45年 逓信省管船局編 帝国海軍協会 明20-45 24冊 <YDM203455>
キーワード
(Keywords)
報国丸
船舶
日露戦争
旅順港閉鎖
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
公共図書館
登録番号
(Registration number)
1000014041解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!