このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000186300
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M15111517177318
事例作成日
(Creation date)
2015/11/3登録日時
(Registration date)
2015年12月26日 00時30分更新日時
(Last update)
2019年03月31日 00時30分
質問
(Question)
七味唐辛子の中身と来歴について知りたい。
回答
(Answer)
『食材健康大事典』によると、七味唐辛子は、「7種類のスパイスをブレンドした日本独自のミックススパイス。ブレンドの方法は地方によってさまざまだが、辛味を強調したスパイス2種と、芳香を強調したスパイス5種で調合されるのが基本。最も一般的な組み合わせは、トウガラシ、サンショウの実、アサの実、陳皮、ゴマ、ケシの実で、これに青ノリか青ジソのいずれかを加える。」と記載されている。また、七味唐辛子の来歴については、「原産地は日本。江戸時代、両国薬研堀の辛子屋徳右衛門が生トウガラシ、焼きトウガラシ、コショウ、サンショウ、陳皮、ケシ、アサの実を混ぜ合わせて売り出したのが始まり。」と記載されている。

『地域食材大百科第13巻』によると、七味唐辛子について、「ポルトガル人との南蛮貿易によって伝来,あるいは朝鮮から加藤清正が持ち帰ったなどの説もあるが,一説に江戸薬研堀で1625(寛永2)年,からしや徳右衛門という者が下痢,痙攣,風邪にきくという南蛮渡来の薬を工夫し食に取り入れようと考案したという話がある。この「やげんぼり」ブランドの中身は乾燥赤唐辛子,焙煎赤唐辛子,サンショウ,陳皮,黒ゴマ,麻の実,けしの実」と記載されている。

『調味料・香辛料の事典』によると、七味トウガラシの項目には、「別称,七色トウガラシともいう.(中略)標準的にはトウガラシ,ゴマ,ケシの実,青のり,アサの実,陳皮(ちんぴ),サンショウの以上7種のスパイスをほぼ等量ずつ混合している.」と記載されている。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
食品工業  (588 9版)
参考資料
(Reference materials)
五明紀春『食材健康大事典』 時事通信出版局,2005,559p. 参照はp.472.
農山漁村文化協会『地域食材大百科 第13巻』 農山漁村文化協会,2014,18,542p. 参照はp.343.
福場博保『調味料・香辛料の事典』 朝倉書店,1991,557,8p. 参照はp.537.
キーワード
(Keywords)
七味唐辛子
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2015111517163477318
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000186300解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!