このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000252184
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2018-095
事例作成日
(Creation date)
2017年05月16日登録日時
(Registration date)
2019年02月26日 11時39分更新日時
(Last update)
2019年05月29日 16時13分
質問
(Question)
1872年の太陽暦への改暦により、旧暦と日付の誤差が生じたが、改暦前の出来事は旧暦のままの日付なのか、新暦に改めたのか、表記方法について取り決めがあるかどうか知りたい。
回答
(Answer)
以下の資料を紹介した。

『明治改暦 「時」の文明開化』(岡田芳朗著 大修館書店 1994)
 p199「文部省は歴代天皇の忌日や各地の祭礼の太陽暦への換算を、担当者を奨励して進めさせ(中略)一方では明治七年暦から全面的に改訂する準備を進めるとともに、七月二十日に布告百五十八号をもって、六月七月以降の忌日祭、各地神社の祭日を太陽暦によるものに改訂した」とあり。
回答プロセス
(Answering process)
1 参考図書を〈暦〉で検索する。
『日本の暦』(渡辺敏夫著 雄山閣出版 1976)
 p140-144 旧暦廃止の経緯あり。
『現代こよみ読み解き事典』(岡田芳朗[ほか]編著 柏書房 1993)
 p337-338 暦の印刷や発行についての記述あり。
 p352 旧暦の使用についての記述あり。

2 《Google ブックス》( http://books.google.co.jp/  Google)を〈太陽暦 & 改暦〉で検索する。

ウェブサイト・データベースの最終アクセス日は2017年5月16日。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
時法.暦学  (449 9版)
参考資料
(Reference materials)
『明治改暦 「時」の文明開化』(岡田芳朗著 大修館書店 1994), ISBN 4-469-22100-7
キーワード
(Keywords)
改暦
旧暦
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000252184解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!