このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000035466
提供館
(Library)
国立国会図書館(National Diet Library) (1110001)管理番号
(Control number)
C2007T0202
事例作成日
(Creation date)
2007/02/02登録日時
(Registration date)
2007年06月14日 02時11分更新日時
(Last update)
2012年03月21日 14時31分
質問
(Question)
戦後のパンの消費量の変遷を調べるにはどのような資料をみればよいでしょうか。
回答
(Answer)
パンの毎年の消費量を経年で追うことのできる資料は次のとおりです。(【】は当館請求記号)

●家計調査 長期時系列データ( http://www.stat.go.jp/data/kakei/longtime/18kakei.htm )
パンの消費量をはじめ、戦後の家計消費の動向を経年で調べることのできる総務省のデータです。1946年(昭和21)年から直近までの一世帯あたりの一ヶ月の支出金額を見ることができます。
●『家計調査総合報告書. 昭和22年~61年』(総務庁統計局 1988 【EF13-E3】)
上記データの冊子体版(昭和22年~61年)です。パンの消費量など、消費財への家計からの支出を長期的に調べたいときに使う基本的な資料です。「パン類」の一世帯あたりの支出金額が、1953(昭和28)年から1962(昭和37)年までは32ページに、1963(昭和38)年から1986(昭和61)年までは120ページに掲載されています。1947(昭和22)年から1962(昭和37)年までの数値は、一世帯あたりの年間の支出金額、購入数量として「パン類」「食パン」「あんぱん」の別に87~88ページに掲載されています。その他、年度によっては地域別、収入階級別、職業別などにもより詳細な統計を得ることができます。
●『菓子統計年報』(全日本菓子協会 年刊 【Z3-2818】)
上記『家計調査総合報告書. 昭和22年~61年』以降の数値を経年で調べたいときにはこちらが便利です。平成16年版には1982(昭和57)年から2004(平成16)年までの一世帯あたり「パン」の出資金額(年間)が掲載されています。
パンの消費量に関する基礎的な資料には次のような資料があります。
●『家計調査年報. 家計収支編.』(総務省統計局 年刊 【Z41-798】)
パンの消費量など、消費財への家計からの支出を調べるのに基本的な資料で、上に紹介した3資料は主にこれをまとめたものです。調査の始まった1953年から、一世帯あたりの一ヶ月のパンの消費量を調べることができます。2000年からは総務省統計局HPの「家計調査」( http://www.stat.go.jp/data/kakei/index.htm )からでも見ることができます。
●『全国消費実態調査』(総務省統計局 5年1回刊 【EF13-H42】)
当資料からも一世帯あたり一ヶ月のパンの消費量を調べることができます。調査が5年に一度であるため、毎年のデータを得ることはできない一方、「家計調査」に比べ標本数が多く、より実態に近い数値を得ることができます。調査は1959(昭和34)年からで、平成11年および平成16年の調査結果は、総務省統計局HPの「全国消費実態調査」( http://www.stat.go.jp/data/zensho/2004/index.htm )からも見ることができます。
その他、パンの消費量についてのデータを含む資料として次のような資料もあります。
●『米麦加工食品等の現況』(食糧庁 年刊 【Z43-1544】)
こちらも上記『家計調査総合報告書. 昭和22年~61年』以降の数値を経年で調べたいときに便利な資料です。1975(昭和50)年から1995(平成7)年までは5年ごとに、その後毎年の1世帯あたり、一人当たりの年間の「パン計」、「食パン」「菓子パン」「他のパン」の購入数量が掲載されています。
●『食品産業統計年報』(食品産業センター 年刊 【Z41-5307】)
食品工業の品目別事業所数・従業員数・賃金、企業の経営指標、日本及び世界の食品企業の売上高順位といった食品産業全般についての統計を掲載する資料ですが、パンなど加工食品の品目別生産量、輸出入、物価、消費・支出等についての統計も掲載されています。平成18年度版には1985(昭和60)年と1990(平成2)年以降毎年の「パン」「食パン」「その他」の1世帯あたりの年間支出が記載されています。出典は「家計調査年報」です。
●『食品産業の主要指標』(食品産業センター 年刊 【Z41-6224】)
食品産業、食品工業の各種統計を分析加工した主要指標ですが、パンの消費量についても、収入階級別、年齢階級別、世帯人員別の一世帯あたり1ヶ月の支出が記載されています。データは最新のもののみで、出典は「全国消費実態調査報告」です。
●『酒類食品統計年報』(日刊経済通信社 隔年刊 【Z41-1023】)
品目別に生産量、生産額、輸出入の数量・価格、消費量等の国内、海外の統計が掲載されている資料で、パンについても直近10年くらいの「パン」「食パン」「他のパン」の支出金額、消費数量が記載されています。
●『食品流通統計年鑑』(流通システム研究センター 年刊 【Z41-9】)
食品に関する動向が品目別にまとめられており、その後に生産量、生産額、輸出入の数量・価格、消費量等の国内の統計が掲載されています。パンについてもデータがあり、2007年版では昭和58(1983)年以降の一世帯あたりの年間支出金額及び購入数量、100g単価が記載されています。
●『食糧年鑑:食品界資料・統計』(日本食糧新聞社 年刊 【Z43-452】)
食品業種別に生産、販売、消費の統計が記載されています。パンについても、「家計調査」からここ15年ほどの一世帯あたりの年間支出金額及び購入数量が転載されています。
●ベーカーズタイムス( http://www.bakerstimes.co.jp/ )
一世帯当たり月別平均のパンの購入量として、1999年から2005年までのデータが掲載されています。出典は上記「家計調査」です。
上記資料は最近のデータを調べるためのものです。年代を遡って調べる際は、資料のタイトルや当館請求記号が異なる場合がありますのでご注意ください。当館蔵書検索・申込システムNDL-OPAC( http://opac.ndl.go.jp/index.html )によって、請求記号をご確認ください。

(インターネット最終アクセス:2007年2月2日)
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
生活.消費者問題  (365 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
生活費
統計
家計調査
食品製造
パン・菓子製造業
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000035466解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!