このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000020248
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼久-2004-017
事例作成日
(Creation date)
2004/08/04登録日時
(Registration date)
2005年02月17日 02時17分更新日時
(Last update)
2009年05月29日 12時52分
質問
(Question)
日本人が事故や病気になる確率はどのくらいか。交通事故で怪我をする確率、死亡する確率など。また、日本人がガンになる確率などを知りたい。
回答
(Answer)
平成14年の人口10万人あたりに対する、交通事故での死亡率は9.3、悪性新生物(ガン)での死亡率は187.1とわかり、これを回答する。
回答プロセス
(Answering process)
各種統計書にあたる。
『人口動態統計』に、死因別の人口10万人あたりの死亡率あり。
『患者調査』に、推計患者数や傷病別の人口10万人あたりの受療率(入院・外来)が掲載されている。
どちらも交通事故や悪性新生物(ガン)の項目があり、要因別の確率を知ることができる。

『日本の損害保険』には、事故件数、死者数、負傷者数が掲載されており、確率を算出することができる。
他にも『がん・統計白書』や『交通安全白書』等に、要因別の統計があり、コンパクトにまとまったものとして『厚生統計要覧』がある。

さらに、BIGLOBE健康のページでも、同じような資料を使って算出していることが分かり、参考までに紹介した。
http://health.biglobe.ne.jp/money/probability/index.html  BIGLOBE 2004/08/04最終確認)

追記:改めて検索すると、現在は上記BIGLOBEのページは見られないようである(2009/05/29確認)。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
人口統計.国勢調査  (358 9版)
交通政策.行政.経営  (681 9版)
外科学  (494 9版)
参考資料
(Reference materials)
『人口動態統計』(厚生統計協会)
『患者調査』(厚生統計協会)
『がん・統計白書』(富永祐民 篠原出版 1993)
『交通安全白書』(国立印刷局)
『日本の損害保険』(日本損害保険協会)
『厚生統計要覧』(厚生統計協会)
キーワード
(Keywords)
死亡率
罹患率
交通事故
がん-癌-悪性新生物
統計-日本
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000020248解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!