このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000236408
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2018-011
事例作成日
(Creation date)
2018年05月16日登録日時
(Registration date)
2018年05月24日 09時33分更新日時
(Last update)
2018年08月09日 15時25分
質問
(Question)
埼玉県の土器と食生活に関する資料で、イラスト等がある分かりやすいものと、その裏付けになるような専門的なもの、両方を紹介してほしい。
回答
(Answer)
下記の資料を紹介した。

1 研究書
『新編埼玉県史 通史編 1 原始・古代』(埼玉県編 埼玉県 1987)
 p58「土器出現の意義」の項に、縄文時代の土器づくり、食生活の記述あり。
 p98「食料確保と貝塚」の項に、貝、魚、木の実の種類などの記述あり。  
 p164「食糧の確保」関連記述あり。
 p196「生産用具」の項に食生活、食糧に関する記述あり。土器と関連のある記述ではない。
 p237「農業技術の発達」の項に、県内の農産物等の出土例として炭化米、籾圧痕土器、圧痕土器、アワとみられるこげつきが底部に付着した土器の記述あり。

『埼玉の遺跡 土の中からのメッセージ』(塩野博著 さきたま出版会 2000)
 p34「縄文土器の発明」の項に煮炊きに関する簡単な記述あり。埼玉県に特化したことではない。
 p37 食材加熱料理施設と考えられる江南町(現在熊谷市に合併)の遺跡の記述あり。
 p39「海なし県埼玉の貝塚(蓮田市)」の項に貝類、植物性食物の記述あり。
 p53「様々な出土品」の項に、嵐山町の遺跡の煮炊きに関する記述あり。
 p64「加能里遺跡を支えた湧き水」の項に、食に関する記述あり。
 p66「厚い粘土層に守られた遺跡」の項に桶川市の遺跡から出土した食糧の記述あり。
 p107「水稲農耕の背景にあったもの」本庄市の古墳時代の水田についての記述あり。
 p157「住居内に残された遺体」の項に「四軒の住居跡のカマドは(中略)に煮炊きに使った土器が掛けられたままのものもあった」という記述あり。写真あり。この記述は深谷市の城北遺跡に関するもの。
 p158「腐らずに残ったもの」の項に「鹿や猪は(中略)食用のみならず」の記述あり。

『縄文時代後・晩期土器編年の研究 加曽利B式~安行式土器群の変遷』(新屋雅明著 六一書房 2015)
 p232「土器の形式と使用方法」の項に晩期安行式土器の記述あり。トチの実加工場から出土したとの記述あり。

『城北遺跡 一般国道17号上武道路関係埋蔵文化財発掘調査報告 第2分冊 埼玉県埋蔵文化財調査事業団報告書 第150集』(埼玉県埋蔵文化財調査事業団編 埼玉県埋蔵文化財調査事業団 1995)
 p735「5 土器」あり。出土された土器についてのまとめがあり、絵図ともに土器の用法についても少量の記述あり。

2 イラスト、写真を多様している資料
『蘇る縄文 自然と暮らした人々』(さいたま川の博物館 2005)
 p27「縄文の食卓」 埼玉県の遺跡の出土物だけではないが関連する記述あり。ワラビ採りのイラストあり。
 p16「酒を嗜む縄文人」埼玉県の遺跡の出土物だけではないが関連する記述あり。埼玉県での出土物に注口土器の写真あり。

『縄文人のタイムカプセル 南鴻沼遺跡の成果から 第39回特別展』(さいたま市立博物館編 さいたま市立博物館 2015)
 p48「おこげ付着土器」写真多数あり。

『埼玉圏の原始・古代人 人の動きをモノから探る』(埼玉県立自然の博物館企画 埼玉県立川の博物館編 埼玉県立川の博物館 2009)
 p11「ある日の縄文人 ※内田祐治氏(清瀬市郷土博物館学芸員)」と題した再現写真あり。土器らしきものを火にかけている写真。煮炊きに関する記述あり。

『縄文土器百選inさいたま 第23回企画展』(さいたま市立博物館編 さいたま市立博物館 2012)
  さいたま市出土の縄文土器のカラー図版多数あり。土器と食生活の関係についての記述なし。

『さいたまの海 縄文人からの伝言 特別展』(埼玉県立博物館編 埼玉県立博物館 1990)
 p31-52 県内貝塚と縄文人の食糧に関する記述あり。土器の使用例なし。

『大縄文土器展  ほるたま展2008』(埼玉県埋蔵文化財調査事業団 2008)
 縄文土器のあゆみや「水を注ぐうつわ」として用いられた土についての記述あり。
回答プロセス
(Answering process)
1 研究書
(1)『埼玉県史』を確認する。
『新編埼玉県史 通史編 1 原始・古代』(回答資料)

(2)NDC分類〈202〉〈203〉の棚にあたる。
『埼玉の遺跡 土の中からのメッセージ』(回答資料)
『縄文時代後・晩期土器編年の研究 加曽利B式~安行式土器群の変遷』(回答資料)

(3)城北遺跡について調査する。
『城北遺跡 一般国道17号上武道路関係埋蔵文化財発掘調査報告 第2分冊 埼玉県埋蔵文化財調査事業団報告書 第150集』(回答資料)

2 イラスト・写真を多様している資料
(1)NDC分類〈202〉〈203〉の棚にあたる。
『埼玉県の関山式土器・黒浜式土器 縄文時代前期前半の文化形成』(蓮田市文化財展示館 蓮田市教育委員会 2016)
 p13「スズキ耳石」の写真あり。「事例の少ない耳石(スズキ)が200個(現在までに100体以上)発見され」とあり。
『蘇る縄文 自然と暮らした人々』(回答資料)
『利根川流域の縄文草創期 笠懸野岩宿文化資料館第30回企画展』(笠懸野岩宿文化資料館編 笠懸野岩宿文化資料館 2000)
 p17「竪穴式遺構の一般化と植物質食料比重の増加」の項あり。土器と関係する記述なし。

(2) 自館目録を埼玉資料〈縄文人〉または〈古代人〉で検索する。
『縄文人のタイムカプセル 南鴻沼遺跡の成果から 第39回特別展』(回答資料)
『埼玉圏の原始・古代人 人の動きをモノから探る』(回答資料)

(3)自館目録を埼玉資料<土器>で検索し、関連しそうな資料を確認する。
『縄文土器百選inさいたま 第23回企画展』(回答資料)
『縄文土器の世界 第11回企画展』(朝霞市博物館編 朝霞市博物館 2002)
 朝霞市・新座市・志木市・和光市出土の縄文土器のカラー図版多数あり。土器と食生活の関係についての記述なし。
『さいたまの海 縄文人からの伝言 特別展』(回答資料)
『大縄文土器展  ほるたま展2008』(回答資料)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
貴重書.郷土資料.その他の特別コレクション  (090)
歴史学  (201)
歴史補助学  (202)
参考資料
(Reference materials)
『新編埼玉県史 通史編 1 原始・古代』(埼玉県編 埼玉県 1987)
『埼玉の遺跡 土の中からのメッセージ』(塩野博著 さきたま出版会 2000)
『縄文時代後・晩期土器編年の研究 加曽利B式~安行式土器群の変遷』(新屋雅明著 六一書房 2015), ISBN 978-4-86445-066-9
『城北遺跡 一般国道17号上武道路関係埋蔵文化財発掘調査報告 第2分冊 埼玉県埋蔵文化財調査事業団報告書 第150集』(埼玉県埋蔵文化財調査事業団編 埼玉県埋蔵文化財調査事業団 1995)
『蘇る縄文 自然と暮らした人々』(さいたま川の博物館 2005)
『縄文人のタイムカプセル 南鴻沼遺跡の成果から 第39回特別展』(さいたま市立博物館編 さいたま市立博物館 2015)
『埼玉圏の原始・古代人 人の動きをモノから探る』(埼玉県立自然の博物館企画 埼玉県立川の博物館編 埼玉県立川の博物館 2009)
『縄文土器百選inさいたま 第23回企画展』(さいたま市立博物館編 さいたま市立博物館 2012)
『さいたまの海 縄文人からの伝言 特別展』(埼玉県立博物館編 埼玉県立博物館 1990)
『大縄文土器展  ほるたま展2008』(埼玉県埋蔵文化財調査事業団 2008)
キーワード
(Keywords)
遺物-考古学資料
須恵器-埼玉県
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000236408解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!