このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000155896
提供館
(Library)
所沢市立所沢図書館 (2310110)管理番号
(Control number)
所沢吾妻-2014-002
事例作成日
(Creation date)
2014/03/06登録日時
(Registration date)
2014年07月11日 00時30分更新日時
(Last update)
2014年07月15日 13時02分
質問
(Question)
馬の年齢の数え方を知りたい。馬齢の何歳が、人間の何歳に該当するか一覧表のようなものがあるとよいが、インターネットではなく、図書で見たい。
回答
(Answer)
図書で馬の年齢の対照表のようなものはありませんでした。
馬の年齢の数え方については以下の資料に記載があります。
 〇『馬』 岩波書店編集部/編集 岩波書店 2007年 p11 
   「馬の年齢は歯を見て判断する」とあり、「馬の年齢は、人間のだいたい4倍とかんがえればよい」と記述があります。
 〇『ブリタニカ国際大百科事典 2』 TBSブリタニカ 編 TBSブリタニカ 1994年 p732 
   「日本では、ウマの年齢は、生まれた年の一月一日から計算し、当歳馬、二歳馬、三歳馬と表現する。 ~中略~ ウマの二○歳は、一般に人の七〇歳にあたるといわれているが、五〇歳まで生きたウマもいる」と記述があります。
回答プロセス
(Answering process)
1.所蔵資料の内容確認
 〇『馬』 岩波書店編集部/編集 岩波書店 2007年
  p11 「馬の年齢を知ること」の項目に、「馬の年齢は歯を見て判断する」とあり、「馬の年齢は、人間のだいたい4倍とかんがえればよい」と記述あり、年齢対照表はなし
 〇『ブリタニカ国際大百科事典 2』 TBSブリタニカ 編 TBSブリタニカ 1994年
  p732 「ウマ」の項目に、「日本では、ウマの年齢は、生まれた年の一月一日から計算し、当歳馬、二歳馬、三歳馬と表現する。 ~中略~ ウマの二○歳は、一般に人の七〇歳にあたるといわれているが、五〇歳まで生きたウマもいる」と記述あり、年齢対照表はなし
 △『馬の医学書』 日本中央競馬会競走馬総合研究所/編 日本中央競馬会弘済会 1996年
  p33 「馬の年齢の数え方」の項目あり、「日本において馬の年齢は数え年で行い、春生まれた馬の年齢は当歳(とうさい)とよばれ、翌年の1月1日で明け2歳となる。翌々年の1月1日で明け3歳となり、この法則で順次年をとっていく。しかし外国での年齢の数え方は多少異なる。 ~中略~ 生年が明らかでない馬は、歯によって年齢の鑑定が可能である。 ~中略~ また、一般に使われている年齢以外に、骨の化骨の程度(骨の成熟度)に従って定められる年齢がある。これは、体の一定部位のレントゲン写真から決定され、体の発育度の判定などに利用される。」と記述あり、年齢対照表はなし

 △『動物の寿命』 増井光子/監修 素朴社 2006年
  p46にウマの寿命およそ20~40年の記載あり、年齢対照表はなし
 △『馬の百科』 マウリツィオ・ボンジャンニ/著 小学館 1982年
  p35 「歯による年齢鑑定」の項目に「ウマの寿命は平均20~25年である。 ~中略~ 歯を調べることによって、かなり正確なウマの年齢鑑定を行うことができる。」と記述があり、次ページに「馬齢による切歯の変化」の表あり
 ※記述のなかった資料は以下のとおり
  ×『馬と遊び馬と走るモンゴルの大草原』 岡本央/写真・文 草土文化 1997年
  ×『ジャポニカ少年博物館 12』 小学館 1978年
  ×『総合百科事典ポプラディア 2 』 ポプラ社 2011年
  ×『世界大百科事典 3』 平凡社 1988年
  ×『動物風土記 3』 田淵実夫/著 小峰書店 1981年
  ×『人間の友だち・犬,馬,牛』 ドミトリエフ/著 新読書社 1990年
  ×『総合百科事典ポプラディア 2 』 ポプラ社 2011年
  ×『日本大百科全書 3』 小学館 1985年
  ×『理科年表 第87冊(平成26年)』 国立天文台/編 丸善出版 2013年
  ×『馬は語る』 沢崎坦/著 岩波書店 1987年
  ×『日本の馬と牛』 市川健夫/著 東京書籍 1981年
  ×『軽種馬飼養標準 1998年版』 日本中央競馬会競走馬総合研究所 編 (財団法人)日本中央競馬会弘済会 1998年
  ×『馬の解剖アトラス』 Klaus‐Dieter Budras/著 日本中央競馬会弘済会 1997年
2.データベース
 〇ヨミダス歴史館
  読売新聞2009年9月5日夕刊2ページ 馬齢について記載あり
  (誕生年=0歳 1月1日がくると年齢が増えていく)
3インターネット
 「参考URL」サイトを確認
 〇馬年齢ひだか 馬の年齢の換算式あり
 〇馬の年齢の人換算 具体的な対照表(羅列)あり
 △JRAホームページ 馬齢表記の定めについて記載あり
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
一般動物学  (481 9版)
家畜.畜産動物.愛玩動物  (645 9版)
参考資料
(Reference materials)
馬 岩波書店編集部/編集 岩波書店 2007.9 645.2 978-4-00-028203-1
ブリタニカ国際大百科事典 2 TBSブリタニカ 編 TBSブリタニカ 1994
キーワード
(Keywords)
馬齢
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
所蔵調査
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
一般
登録番号
(Registration number)
1000155896解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!