このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000188959
提供館
(Library)
成田市立図書館 (2310029)管理番号
(Control number)
DR20151000090
事例作成日
(Creation date)
2015/7/15登録日時
(Registration date)
2016年03月07日 00時30分更新日時
(Last update)
2016年03月07日 00時30分
質問
(Question)
「成田市急傾斜地崩壊対策事業分担金徴収条例」第3条で定められている分担金の額(「工事費に100分の2を乗じて得た額」)の根拠となる法律を知りたい。
回答
(Answer)
「成田市急傾斜地崩壊対策事業分担金徴収条例」で定められている分担金の根拠は、同条例の第1条に定められている通り、「地方自治法第224条」である。
回答プロセス
(Answering process)
まず、成田市例規集(ウェブサイト)で「成田市急傾斜地崩壊対策事業分担金徴収条例」を検索した。
第1条に「地方自治法第224条の規定により、千葉県又は本市が施行する急傾斜地の崩壊による災害の防止に関する法律に基づく急傾斜地崩壊防止工事に要する費用の一部に充てるため、受益者から徴収する分担金に関し必要な事項を定める」とある。
よって、『六法全書』と『自治六法』で「地方自治法第224条」を確認した。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
地方自治.地方行政  (318 9版)
参考資料
(Reference materials)
六法全書 平成27年版1 井上正仁/編集代表 有斐閣 2015.3 320.91
自治六法 平成27年版 地方自治法令研究会/編集 ぎょうせい 2013.8 318.1 978-4-324-09712-0
キーワード
(Keywords)
急傾斜地崩壊防止工事
分担金
成田市急傾斜地崩壊対策事業分担金徴収条例
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
地域(成田)
質問者区分
(Category of questioner)
一般
登録番号
(Registration number)
1000188959解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!