このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000048072
提供館
(Library)
岐阜県図書館 (2110001)管理番号
(Control number)
岐県図-1001
事例作成日
(Creation date)
2008年08月22日登録日時
(Registration date)
2008年10月16日 13時09分更新日時
(Last update)
2019年04月30日 15時48分
質問
(Question)
山崎の合戦で亡くなったのは明智光秀ではなく、影武者の荒木山城守行信であったという話があるが、史実なのか。
回答
(Answer)
1 史実として紹介している資料は、見つからなかった。
 土岐琴川『稿本美濃誌』(宮部書房,1915)では伝説として、この説を紹介している。また光秀が西武芸村中洞(現岐阜県山県市美山地域)の出身であり、山崎合戦後、荒深小五郎と改名し中洞に隠れ住んだが、関ヶ原合戦時、徳川方に味方しようとして出陣し、途中川で溺死した、という話も収録されている(p.94~95)。

2 上記の話は、西美濃地域の郷土誌『西美濃わが街』(2006年9月号「特集・歴史以前の明知光秀」)や、明知光秀公顕彰会の会誌「桔梗」第10号でもとりあげていたが、いずれも伝説として扱っていた。「桔梗」第10号では山県市地元の郷土史家・加藤憲幸氏の講話が紹介されていたが、光秀生存説について「確実な史料がないのは残念」としている。

3 なお、山県市中洞には、この伝説に基づいた光秀の「産湯の井戸」や墓とされるものがある(上記『西美濃わが街』より)。

<2019.4.30追記>
影武者の名前はないが、同様の話は以下にもあり。

4 『「異説」日本人物事典』(三省堂,1983年刊)p.31~p.35に明智光秀に関する項目で記載あり。出典について、江戸時代中期の随筆『翁草』に記されていることを挙げている。『翁草』(神沢貞幹著 安永5年(1776)序文)の巻122「雑話」にあり。

『翁草 : 校訂. 13』(神沢貞幹 編[他] 五車楼書店 明38-39)p.8「明智光秀の事」
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/772580/8  国会図書館デジタルコレクション・2019年4月確認

5 『美濃雑事紀』(成立年代不明(江戸後期か))… 巻4にも記載あり。ただし場所は西武芸村中洞ではなく洞戸村(現関市洞戸)となっている
『美濃明細記 美濃雑事紀』(一信社,1969年刊)p.671「洞戸村の光秀裔」
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1877570/356  国会図書館デジタルコレクション・2019年4月確認
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
個人伝記  (289 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000048072解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!