このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000163353
提供館
(Library)
鎌倉市中央図書館 (2310107)管理番号
(Control number)
鎌中-2014114
事例作成日
(Creation date)
2013年07月04日登録日時
(Registration date)
2014年11月23日 14時57分更新日時
(Last update)
2019年03月03日 11時58分
質問
(Question)
敵と味方を一緒に供養したことについて調べている。鎌倉にそのようなところはあるか。
回答
(Answer)
◆円覚寺は、禅宗を広めるためと、元寇の死者を敵味方区別なく供養することを目的として建立されている。
 無学祖元「仏光録」(未所蔵)→『日本仏教史 第3巻』辻善之助/著 に、その部分は所収。

◆鎌倉近郊だと、藤沢市の遊行寺に「敵味方供養塔」(国指定史跡)がある。室町時代の上杉禅秀の乱のときのもの。

※敵味方を一緒に供養すること=「怨親平等思想」については『跋扈する怨霊 祟りと鎮魂の日本史』(吉川弘文館)p174~に詳しい。仏教、特に禅宗の思想らしい。
回答プロセス
(Answering process)
①円覚寺が元寇の双方の死者を供養するための寺だとわかっていたので、他にもあるかどうか探す。

②鎌倉×埋葬×敵味方 でネット検索すると、ウィキペデイア「鎌倉の戦い(元弘の乱)」がヒットし、「鎌倉の戦いの戦死者」のところに、九品寺が、敵味方双方を弔うために建てたという記述が出てくる。

③九品寺について『鎌倉古社寺辞典』、『鎌倉の寺小事典』、『鎌倉市史 社寺編』を見るが、敵味方双方という説明は出てこない。

④鎌倉近郊だと藤沢市の遊行寺に「敵味方供養塔」(国指定史跡)がある。室町時代の上杉禅秀の乱のときのもの。

※敵味方を一緒に供養すること=「怨親平等思想」については『跋扈する怨霊 祟りと鎮魂の日本史』(吉川弘文館) p174~に詳しい。仏教、特に禅宗の思想らしい。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
仏教  (180 8版)
神社.神職  (175 8版)
関東地方  (213 8版)
参考資料
(Reference materials)
『日本仏教史 第3巻 中世篇之二』 辻善之助 岩波書店 1970 【R 180.2】
『鎌倉市史 社寺編』 鎌倉市史編纂委員会 吉川弘文館 1959 【213.7】
『鎌倉古社寺辞典』 吉川弘文館 2011 【175.9】
『鎌倉の寺小事典』 かまくら春秋社 2001 【185.9】
『跋扈する怨霊 祟りと鎮魂の日本史』 山田雄司 吉川弘文館 2007 【210.04】
キーワード
(Keywords)
敵味方供養塔
怨親平等思想 おんしん びょうどう しそう
円覚寺
遊行寺 ゆぎょうじ
清浄光寺 しょうじょうこうじ
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000163353解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!