このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000220824
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2017-059
事例作成日
(Creation date)
2017年04月18日登録日時
(Registration date)
2017年08月19日 16時32分更新日時
(Last update)
2018年01月12日 11時18分
質問
(Question)
松本政礼(有哉)と松本万年(政秀、文斎)の関係性が知りたい。
回答
(Answer)
当館所蔵資料及び、インターネット情報を調査したが、詳しい記述がある資料は見つからなかった。
回答プロセス
(Answering process)
1 事前調査事項のデータベースを確認する。
《西尾市岩瀬文庫 古典籍書誌データベース』( https://trc-adeac.trc.co.jp/WJ11C0/WJJS02U/2321315100  TRC-ADEAC)をキーワード〈鶴唳餘響〉で検索する。
 「鶴唳餘響」(松本弦之介(政信)著 松本文斎(政秀)編)
 内容解説に下記記述あり。
  成立西暦:1862
  「秩父の儒医、松本文斎の長男で、17歳で早世した松本弦之介の遺稿詩集。」
  「巻頭に諸家による追悼の詩歌集4丁あり、作者は(中略)有哉松本政礼(後略)。」

2 埼玉人物文献索引データベースを確認する。
 〈松本 政礼〉で検索すると、該当なし。
 〈松本 有哉〉で検索すると、1件該当あり。
  通称:有次郎、号:文輝庵 『埼玉県秩父郡誌』(秩父郡教育会編 秩父郡教育会 1925)p432に掲載とあり。

3 『埼玉県秩父郡誌』(前掲)を確認する。
 p432-433 「八 芸術家」として「松本有哉」の項目に、「文政12年(1829)生まれ、大正2年(1923)歿す。」とあり。

4 俳句関係資料などを確認する。

5 《Google ブックス》( http://books.google.co.jp/  Google)を〈"文暉庵"〉で検索する。

〈その他調査済み資料〉
『埼玉俳諧人名辞典』(内野勝裕編著 さきたま出版会 2003)
 p177 「嶺松 れいしょう 松本弥平次」の項目に、「大宮町(現秩父市)の人」「別号文暉庵」などと記述あり。
『井上伝蔵 秩父事件と俳句』(中嶋幸三著 邑書林 2000)
 p67 「有哉(松本有次郎 文暉庵有哉)」の説明あり。
『井上伝蔵とその時代』(中嶋幸三著 埼玉新聞社 2004)
 p101 「有哉(松本有次郎 文暉庵有哉)」の説明あり。
『秩父事件: 自由民権期の農民蜂起』(井上幸治著 中央公論社 1968)
『民衆蜂起と祭り 秩父事件と伝統文化』(森山軍治郎著 筑摩書房 1981)
『秩父事件: 震源地からの証言』(新井佐次郎著 新人物往来社 1979)
 
ウェブサイト・データベースの最終アクセス日は2017年4月18日。
事前調査事項
(Preliminary research)
《西尾市岩瀬文庫 古典籍書誌データベース》( https://trc-adeac.trc.co.jp/WJ11C0/WJJS02U/2321315100  TRC-ADEAC)
 「鶴唳餘響」(カクレイヨキョウ)に松本政礼の名前あり。
『田中千弥日記』(田中千弥著 大村進[ほか]編 埼玉新聞社出版局 1977)
 p407及び解説p2に「大宮郷松本有哉文暉庵嶺松」と記載あり。
『秩父市誌』(秩父市誌編纂委員会編 秩父市 1962)
 p423に松本嶺松(文暉庵)が「文暉庵句集」を出版したことの記載あり。
NDC
貴重書.郷土資料.その他の特別コレクション  (090 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
松本 政礼
松本 有哉
松本 万年(マツモト マンネン)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土 人物
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000220824解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!