このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000096164
提供館
(Library)
山梨県立図書館 (2110005)管理番号
(Control number)
9000007711
事例作成日
(Creation date)
2011年10月12日登録日時
(Registration date)
2011年11月03日 17時19分更新日時
(Last update)
2011年11月03日 17時19分
質問
(Question)
伊藤左千夫が昇仙峡を訪れたときに詠んだ歌を知りたい。
回答
(Answer)
『左千夫全集』第1卷 歌集(伊藤左千夫著 岩波書店 1977年)などに掲載がある。詳細については照会資料をご覧ください。
回答プロセス
(Answering process)
1.山梨県立文学館の図録を調査。
・『山梨のアララギ派歌人展:伊藤左千夫・三井甲之・神奈桃村・岡千里・日原無限を中心に』(山梨県立文学館編集・発行 2005年)には参考となる記述はなかった。

2.自館システムで書名「昇仙峡」を検索し、文学関係資料を確認。
・『昇仙峡に魅せられた人たち(甲府文芸講座マガジン)』(甲府市教育委員会 2006年)→p28の囲み記事に「昇仙峡と文学者 伊藤左千夫」がある。それによると、左千夫が昇仙峡を最初に訪れたのは明治37(1904)年7月1日。その後明治39(1906)年1月に根岸短歌会御嶽歌会に参加した時に昇仙峡を訪れ、「御嶽仙娥滝」と題して13首の歌を残している。
・『詩歌の昇仙峡』(篠原良雄編 創生館 1933年)→p50-51に「御嶽仙娥滝」13首の掲載あり。

3.『左千夫全集』第1卷 歌集(伊藤左千夫著 岩波書店 1977年)で、2でわかった昇仙峡訪問の年に作られた短歌を確認。
・p310に恵林寺から上諏訪に向かう「汽車中作」として「こもりくの森を少なくみ里皆が家あらはなり甲斐の国原」があり(脚注によると、この歌は自筆の彩色で甲州御嶽を描いた11月27日付け絵はがきに記載された)、「廿四日晴朗、桃村予か為に東道の主人となり御嶽の勝を探る、予は日光を見て日光以上と思へり、耶麻溪を見たる人は耶麻溪以上と云ふと云へり…」との感想がある。
・p394-396に「御嶽乃歌会〔仙娥滝〕」として、歌会記に掲載の13首と、「仙娥滝雑詠」の題で墨書した詠草により追加した1首「山神のめてます瀧そうべな-多岐つほゆらくは皆蒼蛟(みなあおみづち)」(※「-」はくの字点。縦書きの場合の2文字分濁点なしの繰り返し記号)の掲載がある。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
詩歌  (911 9版)
日本  (291 9版)
参考資料
(Reference materials)
『左千夫全集』第1卷 歌集(伊藤左千夫著 岩波書店 1977年) (p394-396)
『詩歌の昇仙峡』(篠原良雄編 創生館 1933年) (p50-51)
キーワード
(Keywords)
伊藤左千夫
昇仙峡
短歌
「御嶽仙娥滝」
「御嶽乃歌会」
甲府市
山梨県
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土(文学)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000096164解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!