このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000195100
提供館
(Library)
所沢市立所沢図書館 (2310110)管理番号
(Control number)
所沢本-2016-012
事例作成日
(Creation date)
2015/07/28登録日時
(Registration date)
2016年07月22日 00時30分更新日時
(Last update)
2016年07月23日 10時36分
質問
(Question)
「硫黄島(東京都小笠原村)」は、かつて「いおうじま」と呼ばれていたが、現在は「いおうとう」で統一されている。いつからそう呼ばれるようになったのか知りたい。
回答
(Answer)
「硫黄島」は旧島民からの要望により、2007年に国土地理院が「いおうとう」に呼称変更しました。
以下の新聞に記事があります。
 〇「読売新聞」2007年6月19日(火) 東京朝刊
 〇「朝日新聞」2007年6月19日(火) 東京朝刊
回答プロセス
(Answering process)
1.所蔵資料の内容確認
 ×『シマダス』 日本離島センター/編集 日本離島センター 1998年
  p148-151「硫黄島」項目あり。読みは「いおうとう」。 読みについての経緯の記述なし。
 ×『日本の島事典』 菅田正昭/編著 三交社 1995年
  p50-51「硫黄島」項目あり。読みは「いおうじま」。 読みについての経緯の記述なし。
 ×『島嶼大事典』 日外アソシエーツ株式会社/編集 日外アソシエーツ 1991年
  p30「硫黄島」項目あり。読みは「いおうじま」、異読みとして「いおうとう」。 読みについての経緯の記述なし。
2.データベース検索
 〇ヨミダス歴史館
   〇2007年6月19日(火) 東京朝刊 37面 「硫黄島は「いおうとう」国土地理院が呼称変更」の記事あり。
 〇聞蔵Ⅱビジュアル
   〇2007年6月19日(火) 東京朝刊 33面 「「いおうじま」は「いおうとう」に」」の記事あり。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本  (291 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
硫黄島
いおうとう
いおうじま
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
一般
登録番号
(Registration number)
1000195100解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!