このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000142683
提供館
(Library)
宮城県図書館 (2110032)管理番号
(Control number)
MYG-REF-130189
事例作成日
(Creation date)
2013/12/1登録日時
(Registration date)
2013年12月28日 00時30分更新日時
(Last update)
2014年10月12日 11時21分
質問
(Question)
「陸奥国」や「武蔵国」など日本国内の昔の国名称の呼び方(読み方)について,ルビ付きで「むつ国」や「むさし国」とある場合,「の」を自分で付けて読むのがよいのか。
回答
(Answer)
1 歴史地名の読み方について
下記資料に記載がありました。  ※【 】内は当館請求記号。

資料1 国史大辞典編集委員会編『国史大辞典 13』吉川弘文館, 1992【210.03/コ4/13R】
(1)陸奥国
pp.628-636 「むつのくに 陸奥国」の項
「東山道北端の国。(後略)」
(2)武蔵国
pp.597-604 「むさしのくに 武蔵国」の項
「東海道の一国で,現在の東京都・埼玉県,および神奈川県の東北部にあたる。(後略)」

資料2 角川文化振興財団編『古代地名大辞典 本編』角川書店, 1999【291.03/993/R】 
(1)陸奥国 
pp.1405-1406「むつのくに 陸奥国」の項
「(前略)「日本書紀」斉明5年条に「道奥と越との国司に,位各二階を授く」とあるのが,令制道奥国の初見記事である。同書天武5年条以降は「陸奥国」となっているので,この頃から「陸奥」と改まったと考えられる。(後略)」
(2)武蔵国
pp.1402-1403「むさしのくに 武蔵国」の項
「(前略)国名の初見は「日本書紀」神功紀47年7月条,正しくは天武13年5月甲子条である。(後略)」


2 上記の歴史地名の出典について
資料2については,「陸奥国」「武蔵国」の初見は『日本書紀』と記載されております。

(1)『日本書紀』の本文・訓み下しについて
資料3 国史大辞典編集委員会編『国史大辞典 11』吉川弘文館, 1990【210.03/コ4/11R】
pp.193-195 「にほんしょき 日本書紀」の項
「神代より持統天皇十一年(六九七)八月に至る歴史書。舎人親王ら撰。三十巻,系図一巻(現存せず)。養老四年(七二〇)五月二十一日完成,奏上。(中略)本文の漢文は『古事記』の漢文のような国語脈が入ったり,日本語を漢字音によって示したりすることはなく,比較的純粋な漢文である。しかし古写本に残る古訓,『日本書紀私記』『釈日本紀』などによると,音読はせず,訓読していたらしい。(後略)」

  
3 「むつくに」「むさしくに」と記載された資料について
資料1,2,3のほか,地名事典等を調査しましたが,該当する記載は見つけられませんでした。ご了承願います。
なお,資料4には,文体や訓読の方針等について,pp.3-69「解説」,pp.71-74「凡例」の項に記載がありました。
資料4 『日本古典文学大系 67(日本書紀 上)』岩波書店, 1967【918/ニ1/67】
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本  (291 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
地名
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000142683解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!