このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000261652
提供館
(Library)
成田市立図書館 (2310029)管理番号
(Control number)
DR20181000050
事例作成日
(Creation date)
2018/10/16登録日時
(Registration date)
2019年09月21日 00時30分更新日時
(Last update)
2019年09月21日 00時30分
質問
(Question)
下総台地に広く分布している成田層と呼ばれる地層について「成田」という名称が使われた理由を知りたい。
回答
(Answer)
『千葉県新誌』p.34-p.36の「成田層と成田層群」の中のp.35の注2に解説がある。「成田層は、元来常総湖沼地方特に成田地方にみごとに発達する含化石砂層に対して、矢部博士が名づけられて一般的になったものである」と書かれている。ここに名前があげられている矢部博士は、『20世紀日本人名大事典[2]』p.2606に項目がある、「矢部長克(やべひさかつ)」氏=東北帝国大学名誉教授、大正・昭和期の地質学者、古生物学者だと思われる。
回答プロセス
(Answering process)
千葉県の地質に関する多くの本に、成田地層についての解説が載っているが、命名の由来については書かれていなかった。最終的に1冊にのみ、記述があった。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本  (291 9版)
参考資料
(Reference materials)
『千葉県新誌』 尾崎乕四郎/著 日本書院 1952 291.35
『20世紀日本人名事典,[2]』 日外アソシエーツ 2004.7 281.033, ISBN 4-8169-1853-1
キーワード
(Keywords)
成田層
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
地域(成田)
質問者区分
(Category of questioner)
一般
登録番号
(Registration number)
1000261652解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!