このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000214694
提供館
(Library)
大阪府立中央図書館 (2120005)管理番号
(Control number)
6001022159
事例作成日
(Creation date)
2017/01/25登録日時
(Registration date)
2017年04月12日 00時30分更新日時
(Last update)
2017年04月12日 00時30分
質問
(Question)
東大寺二月堂の名の由来について知りたい。
回答
(Answer)
二月堂の名の由来は、行事が執り行われた月と関係があることが以下の資料でわかります。

『東大寺辞典』(平岡定海/著 東京堂出版 1980.8)
「二月堂と称されるようになったのは、ここで修二会が、毎年行われていたから、このお堂の通称が、上院観音堂より二月堂に改まったのであろう」(p.376)
「修二会(しゅにえ)はもとは大体、陰暦二月一日から一四日まで行ったが、今では三月一日から一四日となっている」(p.216)

『奈良古社寺辞典』(吉川弘文館編集部/編 吉川弘文館 2009.10)
「悔過会が恒例化して、毎年、二月一日(旧暦)より二十七日夜の間行われるに至って二月堂の名でよばれたことは、『寛平年中日記』(『東大寺要録』五)の年中節会支度によって窺し得る」(p.178)

「事例作成日:2017年1月25日」
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
寺院.僧職  (185 8版)
参考資料
(Reference materials)
東大寺辞典 平岡/定海∥著 東京堂出版 1980.8 (216,376)
奈良古社寺辞典 吉川弘文館編集部∥編 吉川弘文館 2009.10 (178)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
地名・地域
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000214694解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!